Date Title Contents
2012-03-26 退職  3月末日をもって退職となります.昭和50年にダンボール箱数個を抱えて,工学部8号館から隣の4号館に移ってから37年になります.とにかく病気らしい病気もせずに37年間を過ごせたことは幸運であったと思います.色々な失敗をしましたので,大過なくと胸を張っていえないかもしれませんが,比較的平穏無事な時を過ごせたかと思っております.最終講義,惜別会,送別会などで色々な方々とお会いして,お世話になったことを思い出しております.先のことはわかりませんが,退職後は少しのんびり暮らしたいのですが,はたしてどうなるでしょうか.皆様のご多幸をお祈りいたします.大久保誠介
2012-03-19 岩石力学と掘削機械  最終講義にもこの表題を使用しました.岩石の力学的性質を研究するのが岩石力学といってよいでしょう.その応用の一つとして,掘削機械は位置づけられると思います.掘削機械は狭い意味では岩盤を掘削する機械ですが,広い意味では掘削された岩片を積込,運搬する機械も入ります.トンネル掘進機などでは,掘削されたトンネルを維持するための機構も組み込まれていますから,支保機械も掘削機械に入れてもよいかもしれません.この掘削機械の研究者は世界でもまれで,おかげで定年まで比較的自分のペースで過ごせたのではないかと思います.
2012-03-12 ものの整理  色々なものを整理しています.よく考えてみると,本当に使っているものは,本にしても文房具にしてもほんのわずかであるようです.衣服も同様で,面倒くさいので数種類のものを交互に着ているだけのようです.必要なものは本来わずかであるから,思い切って整理するのがよいのでしょう.できる限り使わないものは捨ててきたつもりですが,今後はいっそうの整理を心がけたいと思っています.
2012-03-05 空圧シリンダー  20年前に米国のミシガン州にある会社から空圧シリンダーを購入しました.誠に見事な仕上げでした.外観,ロッドなどの素晴らしさに感心いたしました.外観を裏切ることなく,性能も秀逸であり現在まで稼動し続けております.ごく最近,偶然ですがこの製品の後継機種をネットで見つけました.本社の場所も変わっておりましたし,製品の外観もかなり変わっていました.ネット上の写真だけで判断するのは危険かもしれませんが,どうもいけません.米国も技術と手間のかかる製品がだんだん出来にくくなっているようです.
2012-02-27 本の整理  相当部分をpdfにしましたが,全体の10%位の本は自宅に所蔵しております.どれも愛着のある本ばかりですが,このごろは多くの情報がインターネットで得られるので,本をじっくりと読む機会が本当に減ってしまいました.勤務先にはわずか数冊しか本を残していませんが,よく考えてみたらそれで用が足せているのです.今後もこのような趨勢は続くものと予想しています.自宅の本も少しずつ整理して減らしていこうと思っています.
閉じる
Date Title Contents
2012-02-20 松戸のうなぎ屋さん  自宅近くにもいくつかのうなぎ屋さんがあります.どこも関東風で,身がやわらかくなっております.先日,松戸駅前のうなぎ屋さんにいってきました.私も家内も二段重を頼んだのですが,そのボリュームには感心いたしました.私はなんとか食べたのですが,家内は結局残してしまい,もったいないといっておりました.味はもちろん上々でした.お客さんも三々五々丁度よい程度に入ってくるので,店はうまくいっているのでしょう.しかし,このところうなぎの仕入れ値段があがったそうで,その点ではたいへんなのでしょう.まずは満足の一日でした.
2012-02-13 クレジットカード  このごろは現金をあまり持ち歩かずに,クレジットカードでものを買うことが多くなりました.安売り店の一部ではクレジットカードが使えなかったり,クレジットカードだと数パーセント上乗せされるのですが,大部分の店では金額はそのままで1%程度のポイントがつくのでクレジットカードの使用が増えてきました.また,小銭入れがすっきりしますので,これもよいことです.少しずつ形態を変えていくでしょうが,クレジットカードあるいはそれに類似したサービスは今後も増え続けていくでしょう.
2012-02-06 先進国のものづくり  日本はものづくりが得意な国で,今後もこれで優位性を保たなければならないとの意見が多いようです.しかし,単なるものづくりでは,人件費の安い新興国との競争に負けるのではないでしょうか.データと蓄積とそのデータの解釈と利用で,優位性を保つ必要があると思います.そんなことはわかっていると言われそうですが,単なるものづくりにこだわり過ぎている傾向があると,個人的には思っております.
2012-01-30 腕時計の電池  ネットを見ていましたら腕時計の電池が一個10円で売り出していました.以前はいろいろな電池がつかわれていましたが,現在は2種類にほぼまとまったようなので,その2種類を10個ずつ購入しました.あわせて200円の買い物です.これに送料がかかるわけですが,クレジットカードで決済しましたから送金手数料はかかりませんでした.送られてきた電池を,腕時計にいれてみたらもちろん何の問題もなく,秒針が動き出しました.大量生産とは恐ろしいもので,ここまで安くものが作れるようになるのだと感心した次第です.しかし,時計屋さんで1000円前後で電池を交換しているのは,決して高いと思いません.腕時計によっては素人で裏蓋を空けて正しく電池を装着することは難しいからです.
2012-01-23 熊笹茶  熊笹茶をもらったので,このところ飲んでいます. 万病に効き,特に癌の予防効果があると書いてありました.良薬は口に苦しとまでは行きませんが,特においしいものではないので,自分で購入する気にはなりませんでした.なかなか難しいところです.
閉じる
Date Title Contents
2012-01-16 夕食  ”ごはん,トン汁,ピーマンの炒め物,野菜サラダとソーセージ・ハム,から揚げ,チーズ,海苔”
量はわずかずつですが,こうしてみると私が育ったころに比べてずいぶんと豊かになったものです.私が小学校のころ,特に低学年のころは日本全体が貧しく,ごはんと味噌汁におかずは一品くらいでなかったとおもいます.肉も卵もかなりの高級品と思っていました.日本が豊かになったのはよいのですが,これが持続するかどうかが問題と思っています.
2012-01-09 国際郵便  年末年始はクリスマスカード,年賀状などで郵便物を海外に発送することが多くなります.はがきですと全世界70円ですので他の物価と比較して安いと思います.ただし少し重いものを海外に送ろうとすると,相当に高くなるので大変です.最近では国際スピード郵便がはやくて確実なので,ちょくちょく使用していますが,1kg弱のものを中国まで送ると1800円になってしまいます.船便で送ってもなぜか同じ料金となります.船便で送る意味があるのは,印刷物だけのようです.印刷物ですと770円と半値以下で送れます.
2012-01-02 2012年  2012年はどんな年になるのでしょうか.2011年の初頭には,まさかこれほどの地震がおこって,大変なことになるとは予想できませんでした.2012年もなにがおこるかわからないのですが,できるだけ平穏無事な年になってほしいものです.できたら景気も少しずつ上向いていくことが望ましいですし,そのためにはやはり円安になることが必要でしょう.国の借金が確実に増えているのですから,円安になってもよさそうなのですが,理屈どおりにいかないようです.
2011-12-26 年末の名古屋  例年通り12月に名古屋にいってきました.人出は多く東京と感じはあまり変わらないように思いました.今年の4月頃は相当に冷え込んだ雰囲気であり,どうなることかと思いましたがかなり回復したのでしょう.ただし,わずかですが昨年よりは人出が少ないかと思いました.特に夜の遅い時間の人出は少ないと感じました.
2011-12-19 焼肉屋さん  自宅近くの焼肉屋さんに夜行きました.テーブル席は満席でカンウンター席に座ることにしました.冬とはいえ,炭火で暑い.ほどなく運ばれた肉ですが,ほどほどに脂肪がのっていて上々の味でした.しかもクーポンを使って20%引きにしてもらい,クレジットカード払いも可能でした.なかなか商売は大変だとおもいましたし,現在の日本の物価はかなり安いとも感じました.
閉じる
Date Title Contents
2011-12-12 東京の冬  12月になると東京も寒くなり,例年どおりにコートが必要になります.データを調べてみると,東京の今月の最高気温と最低気温は12℃と3℃で,両者ともに名古屋よりわずかに高いようです.また,中国でいうとずっと緯度が低い上海と似ているようです.こうして考えてみると,東京の冬は比較的すごしやすいと思います.冬といえば思い出すのは,2冬を越した米国モルガンタウンで12月でも-10℃にはちょくちょくなったと記憶しています.
2011-12-05 円高  円高と新聞に書いてあることは,事実で間違いありません.しかし,円に対してはドルは安くなっていますが,世界的に見ると若干上昇気味かと思います.いってみれば円の独歩高の状況です.原因はよくわからないのですが,この状況が続くと国内から生産工場が徐々に減っていくことになるのでしょう.よい機会であるから,世界中に投資をしたらどうかという意見が出ていますが,20年前の失敗に懲りてかいまひとつ盛り上がらないようです.来年はどうなるか予測しにくいのですが,このままの状況が続くと,国内産業の衰退は徐々に進むでしょう.
2011-11-28 迷走  このところヨーロッパはわけのわからない情勢が続いております.色々な方の意見がネット上で披露されていますが,よく読んでみるとなんとなく勢いが感じられません.要するに誰もが将来の見通しに自身を失っているように思われます.当然のことながら私にも来年のいまごろどうなっているかさえまったくわかりません.将来予測は極めて難しいものですが,あたるかあたらないかは別にして,なんとなく見通せている気持ちになっていた期間もかなり長かったと思います.あまりじたばたするのも,みっともないですから静観しておきますか.
2011-11-21 使いにくいライター  子供の事故を防ぐために,ライターのレバーが重くなっています.かなり使いにくく感じます.こういう対策は本当に役立つかどうか疑問ですが,何かおこると対策をするのが日本の特徴のようです.細かい対策に熱心で,大きなリスクには無頓着になっていると思われます.
2011-11-14 中国の物価  このところ中国では物価高が進んでいるようですが,全般的にははまだまだ日本と比較して安いと感じました.北京の地下鉄は2元均一で東京の10分の1程度と思います.タクシー,バスも鉄道も安いようです.貸切のハイヤーも距離制限なしで2万円とこれも安いと思いました.食事は,北京と地方都市で違いますが,高級店の値上がりはわずかと思いました.ただし,高速道路のサービスステーションの店は,数年前よりかなり値上がりしているように感じました.ガソリンはリッター7元強で,他の物価と比較してかなり高いと思います.旅行者にとって重要なホテル代は,正規料金は高いのですがまけてくれますので,日本の数分の1かと思いました.地方都市では,500元でよい部屋に泊まれました.北京ですとこの3倍くらいかと思います.お菓子の類もスーパーで買うと一袋10~20元程度のものが多く,日本の半値程度かと思いました.ブランド品は増値税が加算されているので,日本より若干高いのではないかと感じました.最後にお酒は,地ビールは日本の数分の1,中国産のワインも数分の1で結構楽しめます.また,ほとんどレストランは持ち込み可能ですので助かります.
閉じる
Date Title Contents
2011-11-07 北京駅  北京駅をざっとですが見てきました.駅と切符売り場とは別の建物になっているところが日本と違います.切符売り場には,外国人専用の窓口がありました.夜になってからいったのですが,24時間列車の発着があるようです.また,電光掲示板に切符の残り枚数がでていましたが,残り少ない列車が多く活況を呈していました.やや失礼かもしれませんが,日本国内で言えば昭和30年代の雰囲気がただよっているように感じました.バスターミナルも人が多く,ここでも掲示板をみる限りでは切符の残り枚数は少なく,いきたい時にいきたい所にいけるわけではなさそうに思いました.
2011-10-31 フフホト  北京からフフホトに自動車を走らせてみました.北京には昼間は入れないトレーラがずっと並んでおり,2車線のうちの1車線を独占しておりました.このような渋滞は時々途切れながらもずっと続いており,想像をはるかに越えるものでした.トレーラの積荷で一番多いのは石炭だそうです.北京のような大都市にトレーラを主としてものを届けることの限界を見た気がします.中国の場合には,まず高速道路の建設を先行させて,ついで鉄道の建設をするようです.少し物流システムの円滑さを考えた対策を考えないと非常に大きな無駄が続く気がします.
2011-10-24 情報過多  この頃はいろんな手段で情報が発信されており,取捨選択が大変だと感じております.公表されている情報で,ほとんどがわかるともいえますが,発信されている情報の内で間違っているものも多くて困ります.自分の専門でしたら,だいたいの様子がわかるのですが,専門外ですとわかりません.なんとかならないものでしょうか.
2011-10-17 自転車  自転車が古くなったので買い換えました.以前買った店で,同じ自転車を買ったつもりです.しかし,前の自転車には日本製と書いてあったのですが,新しい自転車には何も書いてありませんでした.その代わりに価格は2割程度安くなったように思います.店の主人は,この業界も単価が安くなってしまって,といっておりました.安くて少しずつ品質が落ちたものが,自転車に限らず多くなっているのではないでしょうか.
2011-10-10 久しぶりの堺  学会が開催されたので,久しぶりに堺市にいってきました.なかもずで降りて,旧高野山街道を歩いて会場に到着しました.気づいたのはきちんとした門があることです.東京では本当に少なくなったのではないでしょうか.旧道は狭いのですが,他の道は広く,特に歩道が広いのには感心しました.また,飲食店の代金が安いのには驚きました.とまったホテルも,低価格にもかかわらず,きちんとした朝食がついておりました.良い印象を持って帰途についた次第です.
閉じる
Date Title Contents
2011-10-03 定冠詞  英語の定冠詞は,相変わらずわかりません.先日,短い文章をネイティブの方に見てもらったところ,"the"が3個追加されて,1個削除されていました.後から考えてみると,修正後の文章では,定冠詞の使い方に一貫性があると感じました.しかし,自分で文章を書くとなると,まったく自信がありません.このあたりは難しいのだと思います.
2011-09-26 柿の葉寿司  先日,東京駅から下りの新幹線に乗る前に,柿の葉寿司を購入しました.関東ではおそらく作っていないはずなので,製造元を見てみると奈良の会社でした.奈良で作って東京駅で売っているのでしょうか.わずかな香りがあり,おいしくいただきました.
2011-09-19 カネタタキ  お盆を過ぎると決まって,カネタタキの音が聞こえるようになります.夜行性のようで,だいたい午後10時過ぎに聞こえてきます.私が子供のころは名古屋の実家で聞いたのですが,このごろはいなくなったように思います.現在すんでいる松戸では庭からカネタタキの独特の声が冬になるまで聞こえてきます.どうやって生き延びてきたのでしょうか.
2011-09-12 ‘Where have all the flowers gone ? ’ 十選
Marlene Dietrich:60歳くらいの歌と思いますが,美貌いまだ衰えず.
Nana Mouskouri:なにを歌わせても実力十分.
Dalida:これも実力十分.
Joan Baez :日本では有名でした.
Pete Seeger:90歳を越えてご健在.
PPM:若いころよく聞きました.
The Brothers Four :日本人好みの歌い方と思いますが.
THE SEARCHERS:アメリカ人好み?
The Kingston Trio:評価の分かれるグループと思います.
Gigliola Cinquetti:独特の歌い方.
2011-09-05 ‘Manha Do Carnaval’ 十選
Astrud Gilberto
JOAN BAEZ
Maysa
Clara Nunes
SADAO WATANABE
Elizete Cardoso
Nara Leao
Luiz Bonfa
Caterina Valente
Baden Powell
閉じる
Date Title Contents
2011-08-29 ‘Historia de un amor’ 十選
Trio Los Panchos
Eydie Gorme, Trios Los Panchos
Guadalupe Pineda
Pedro Infante
Ana Gabriel
Luz Casal
Nana Mouskouri
Laura Fygi
Julio Iglesias
Luis Miguel
2011-08-22 円高  このところ円が高くなっています.日本にいますと,国の借金が多くて危なっかしいのが目に付きますが,海外からみるとまた違って見えるのでしょう.物価は本当に安いと思います.長期間にわたってほとんど値上がりしていないものが多いのではないでしょうか.かえって安くなったものもかなりあると思います.しかし,こんな状況がずっと続くわけはないとおもっていますがどうなんでしょうか.将来予測は本当に難しく誰にもわからないというのが実情でしょう.
2011-08-15 プチコン  書店で“プチコン”という本を発見.なにかと思ったら,ゲーム機でうごくBASICとのことです.インターネットで解説をみましたが,仕様は昔とあまりかわらないのですぐに使えそうです.このところ自分でプログラミングをする人が少なくなったのですが,BASICは比較的覚えやすいので,復活するかもしれません.
2011-08-01 夏休み  夏休みの時期になりましたが,どうも細かい仕事があってあまり休めるという雰囲気にありません.どうもメリハリなく一年間を過ぎしているように思われます.やはり暑いときにはきちんと休むのがよいでしょう.
2011-07-25 スチールからプラスチックへ  中国政府は環境保護・省エネルギーへの重視を強め,“スチールからプラスチックへ”政策を打ち出しているそうです.これは従来のコンクリート製,スチール製パイプを,今後徐々にプラスチックパイプへ転換していこうというもので,2015年発展計画要綱によれば,2015年には給水管,配水管のうち85%~90%、農村給水管の90%を,プラスチックに転換したい意向のようです.国土が広いだけに壮大な施工計画のようです.中国にとって,水問題はもっとも重要な事項の一つでしょう.
閉じる
Date Title Contents
2011-07-18  夏がやってきました.自転車で駅までいって,電車で根津まで.根津から工学部4号館までいくと汗が相当に出てしまいます.しかし,東京の夏はそれ程でもなく,食欲は落ちずに過ごしています.しかし,私の部屋は最上階ですので,天井は相当に暑くなります.このあたりは古い建物の欠点なのでしょう.
2011-07-11 錆びにくい鋼  高レベル放射性廃棄物用の地下構造物で,ロックボルトが使用できるかどうかを調べている研究者がいます.腐食試験結果では,低炭素でマンガンを多く含むスウェーデン鋼が格段に高い性能を示し,90度Cの熱水中で0.06 ミクロン/年程度とのことです.米国の鋼加工品メーカの製品は,常温では遜色のない性能を示しますが,水温が60度Cを越えると大差となるようです.これは,やはりスウェーデンの技術なのでしょうか.
2011-07-04 コンベックスルール  18歳の時に名古屋から持ってきて未だに使用しているものがいくつかあります.その内でKDSの2mの巻尺には感心します.未だにガタはまったくありませんし,錆びも見当たりません.ステンレス製で父親が買ってくれたものですが,相当に高かったのではないかと思います.こんなものでしたら,相当に高くても買いますが,最近購入したものは高くても直ぐに壊れてしまう場合があって,安いものを買ってその場をしのいでいるのが現状です.
2011-06-27 ベトナム製の家具  組立て式の本箱をネットで購入したら配達されてきたのはベトナム製でした.最近の組立て式の家具としては当然かもしれませんが,部品に番号が打ってありわかり易かったです.また,マニュアルも上出来でした.寸法も上出来で感心しました.かなり前にベトナムブームでしたが,それが去ってからどうもいまひとつと思っていたのですが,もう一度ベトナムを調べなおしてみようかという気になりました.
2011-06-20 沈丁花  33年前に,実家の沈丁花を松戸に持ってきました.挿し木をしたのは,なくなった父親です.成長はやや遅かったのですが,徐々に大きくなっりましたが,昨年どうしたことか,枯れてしましました.惜しいと思いましたが,切り株を除いて他の部分を切ってしまいしました.驚いたことに,今年の初春に,切り株から芽がでて10cmほどになりました.誠に不思議なものです.数年経ったら,独特の香りのある花を咲かせるのではないかと期待しております.そういえば,沈丁花は昔中国から持ち込まれたものだそうで,花言葉は,”不滅”ともいわれているそうです.
閉じる
Date Title Contents
2011-06-13 津軽  6月13日は太宰治さんの命日です.太宰さんの小説は小学校のころからかなり読みました.大学院をでてから,小説ではないのですが,色々な文章を自分自身で書くようになってから,読み直してみると,太宰さんの文章の巧みさにより感心するようになりました.一つの文章はやや長めなことがことが多いのですが,意味が誠に捕らえ易いとおもいます.とても真似ができません.もう少しいえば,やや近寄りがたいので,構えてから読むことが多いようです.青空文庫に公表されている”津軽”の終わり近くで,幼少時におぶってもらった”たけ”さんとであった部分です. たけの頬は、やつぱり赤くて、さうして、右の眼蓋の上には、小さい罌粟粒ほどの赤いほくろが、ちやんとある。髪には白髪もまじつてゐるが、でも、いま私のわきにきちんと坐つてゐるたけは、私の幼い頃の思ひ出のたけと、少しも変つてゐない。あとで聞いたが、たけが私の家へ奉公に来て、私をおぶつたのは、私が三つで、たけが十四の時だつたといふ。
2011-06-06 義猫の塚  遠州の御前崎というと近頃では原発で騒がしいようです.私も何度かこのあたりにいったことがありますが,風光明媚の良い土地との印象が残っています.この御前崎が書き出しにあらわれるのが,田中貢太郎さんの義猫の塚です.小品ですがよいものと思っています.では最初の部分を.ご興味があったら残りは青空文庫でごらんください. 遠州の御前崎に西林院(せいりんいん)と云う寺があった。住職はいたって慈悲深い男であったが、ある風波の激しい日、難船でもありはしないかと思って外へ出てみた。すると、すぐ眼の下になった怒濤の中に、船の破片らしい一枚の板に一匹の子猫がしがみついているのが見える。そこで住職は山をかけおりて漁師の家へ往って、 「可哀そうだから、たすけてやってくれ」
2011-05-30 ブロッガー  このごろインターネットにご自分の意見を公表される方が多く見受けられます.かなりの知識人もその中にはおられて,興味深く読ませていただいております.毎日,複数のしかもかなり長い文章を発表しておられる方も見受けられます.いつ寝ているのかとこちらが心配になります.しかし,多作な方ですと,たまにですが,大きな勘違いや間違いが意見として公表されてしまっているようです.いたしかたない事かもしれません.
2011-05-23 曲線ボーリングの方法  方向制御ボーリング(ドリリング)の大まかな分類をしてみました. ご参考までに. (地上モーター用) 1.固定式傾斜具(Whipstock) Whipstock: A long steel casing that uses an inclined plane to cause the bit to deflect from the original borehole at a slight angle. Whipstocks are sometimes used in controlled directional drilling, in straightening crooked boreholes, and in sidetracking to avoid unretrieved fish. 2.ビット直前のロッドにパイプ(housing)をかぶせる.パイプから脚を出してその脚の長さを調整する(Auto Track rotary steerable system).なお,パイプは回転しない http://www.youtube.com/watch?v=5v2HXGGEcS8 3.ビット直前のロッドにパイプをかぶせる.パイプ内でロッドを撓ませると,ビットの傾斜が変わる(Geo-pilot) http://www.youtube.com/watch?v=3DkqdcfRIu8 (孔内モーター用) 4.モータ直前でロッドを曲げる(Bent sub) Bent sub: A short cylindrical device installed in the drill stem between the bottom-most drill collar and a downhole motor. Its purpose is to deflect the downhole motor off vertical to drill a directional hole. see drill stem. (付記)2000年までは,1と4が大部分をしめていた.2と3は,孔内モータと組み合わせても使える.もちろん,地上モーター+孔内モーターの併用システムも可能である.
2011-05-16 大震災後の10年  大震災を一つの契機にして,競争力のある企業は海外に生産拠点を移す可能性が高いと思います.ある会社が,リチウムイオン電池の生産の半分を中国蘇州に移すと報道されていますが,これなどは象徴的なことといえます.おそらく10年以内に激変があり,それまでの国内投資は控えるのが順当といえます.激変後に,大きなチャンスが一瞬ではあるが訪れるでしょう.なにがおこり,どうしたらよいかは私にはわかりません.多分,これまでに実績のあるグループや金融機関の動向に注目しておくのが賢明でしょう.
閉じる
Date Title Contents
2011-05-09 安定化した中国  20年近く前に中国にいったときは,まだまだ貧しく,不安定な状態であった思います.しかしながら,その後の目覚しい発展は,誰にでもすぐわかるかと思います.わたくしの場合には2005年頃から特に注意して中国を見てきたつもりですが,次第に安定してきており通貨である元は,おそらく世界で一番信用できるものかと考えております.しかしながら,発展性はかなりそがれてきており,リスクが減ってきた反面,うまみも減ったといえましょう.他方,わが国はリスクが次第に高まってきておるのではないでしょうか.
2011-05-02 米国からの国際航空郵便  35年ほど前に,米国で暮らしたときに,日本と米国とのあいだで航空郵便のやりとりを相当にしました.当時,米国から日本へはだいたい1週間程度かかっていたのではないかと記憶しています.日本郵便のホームページを見ますと,現在でも1週間のお届け日数と書いてあります.しかし,米国ニューヨークから千葉の自宅までの所要日数は,最近の例では2日程度で届いており,その速さに驚いています.米国については,その凋落が心配されていますが,少なくとも航空郵便に関してはその迅速なことに驚くばかりです.余談ですが,米国からの航空郵便に"PAR AVION"と書いてあることが,結構多いのも昔と変わりません.何故でしょうか.
2011-04-25 義捐金  私の知人にも,被災者のために相当な額を寄付しておられる方がいらっしゃるようです.私はというと,今回に限らず,寺院のお参りの際などにも,平均を下回る額しかだしてこなかった気がします.しかし,このごろ米国テネシー州の老象の養老院をYou tubeでみていると,このような施設にもう少し落ち着いたらまとまった額を寄付しようかなあとおもっています.特に,象のテラと犬のベラには感心しています.明日からダイエットと同じで,もう少し経ったらといっている内に,時が流れさってしまわないように気をつけます.
2011-04-11 避難  震災から1ヶ月が経とうとしていますが,余震が続いておりなかなか落ち着いた状態にはなりません.実際に訪問したわけではないのですが,避難所の様子が報道されています.東北地方はまだまだ寒くて大変だと思われます.私は疎開先で生まれ,11歳の時に伊勢湾台風で避難しています.なんとなく遠い記憶が思い出される毎日です.
2011-04-04 日本語は難しい  このところ地震と原発の問題に関して,大量の文章がインターネットに掲載されています.読んでみますと,明らかな文法の間違いが見受けられます.特に,助詞と助動詞については多くの方が間違いを犯しています.文章を書くことを職業としている人々は別ですが,一般の日本人が日本語を正しく書けなくなってきているとの印象を受けました.これは,教育の問題なのでしょう.なんとか立て直す必要がありそうです.
閉じる
Date Title Contents
2011-03-28 天罰  都知事が天罰といわれたそうです. さっそく,国語辞典などで意味を調べてみましたが,どうも判然としません. 誰が,誰に対して,何を,ということも定かではありませんし,語源についてもはっきり説明をしている書籍は見つかりませんでした.少し時間をおいて用例を調べてみようかと考えています.
2011-03-19 地震と通信網  先日,東北から関東にかけて地震がありました.鉄道はほとんど止まり,多くの人々が難儀をしたわけです.同時に,固定電話や携帯電話もかかりづらくなってしまったことは,皆様もご承知の通りです.一方,光回線を通じたインターネットは,ほとんど支障なく使えたことは幸いでした.ただし,交通案内,空港案内の部類のサイトは,アクセスが集中したためかなかなか開けませんでした.これは仕方のないことでしょう.
2011-03-12 3月の名古屋  つい先日,名古屋にいってまいりました.学生時代は3月のはじめに名古屋に帰り,3月の終わりに東京に戻ってきたものです.丁度,桜が咲きはじめたころに東京に戻ってきたわけです.東京と名古屋の気温はあまり変わらないのですが,3月頃はやや名古屋の暖かさを感じます.昨年の年末にいったときよりは,繁華街の人出が戻ったように感じましたがいかがでしょうか.
2011-03-07 万年筆  近頃ではボールペンを使用することが多くなったのですが,勤務先でセーラを1本,自宅でクロスを1本持っています.勤務先では署名に使用するだけですが,入手から20年以上経ても絶好調です.一方のクロスはもっと以前から使用していますが,漢字を書くのにはやや不便ですが,自宅では結構使用しています.金メッキが大分薄くなってきたのですが,それなりの風格がでてきたように思えます.若い頃に気に入ったものを手に入れて,長く使うことは良いことだと思っていますが,いかがでしょうか.
2011-02-28 鳥のくちばし  毎年,冬になると鳩よりやや小ぶりの鳥が庭にやってきます.だいたい2羽でやってきて,キャットフードをやると喜んで食べていきます.感心するのは,ステンレス製の容器から一粒残らず見事に食べていくことです.猫は第一に近視であること,第二に粒を摘み上げるのにやや不適な口の構造であることから,最後の一粒まで食べることは稀です.我が家にくる鳥は,迅速確実に一粒一粒くちばしに入れています.見事なものです.
閉じる
Date Title Contents
2011-02-21  節分を過ぎると猫が元気になるようです. 我が家の老いた猫は,外に出さないようにしているのですが,隙間から外を熱心に見るようになります.外では,雄猫がうるさく鳴くようになるのもこの頃と思います.繁殖の時期と思いますが,子供が暖かくなって生まれ,今度寒くなる頃にはある程度まで育っているには丁度良い時期といえましょう.なんとなく,季節感を覚える出来事です.
2011-02-14 もうすぐ春だ  節分が過ぎると,日差しが強くなって気温も徐々にあがってきます. 間もなく春が来るのでしょう.小さな庭の木にも,芽がではじめているようです. 少し早いのですが. いはばしる垂水の上のさ蕨の 萌え出づる春になりにけるかも 意味はさっぱりわかりません.しかし,1300年の時を経て,なんとなく共感を感じるのが不思議です.
2011-02-07 先見の明  London Stock Exchange Group (“LSEG”) and the Mongolian State Property Committee (“SPC”) today announce that they have signed an exclusive Strategic Partnership Agreement to restructure and develop the Mongolian Stock Exchange (“MSE”). 2週間ほど前の報道ですが,要するにロンドン証券取引所がモンゴル証券取引所を援助することに決めたようです.昨年度のモンゴル株は指数は上がりましたが,取引高は少なく,取引所の経営はたいへんだったのでしょう.ロンドン取引所の支援を受ければまずは大丈夫といえましょう.そのせいかどうかは定かではないのですが,最近のモンゴル取引所はすこし活気がでてきたようです.数年経たなければ,成否はわかりませんが,リスクは大きいが成功すればおおきなリターンが得られることにわが国も投資していくべきではないでしょうか.
2011-01-31 電子マネー  とくに不便を感じなかったので電子マネーは使ってきませんでした.しかし,てもとにあるカードを整理してみたところ,いくつかのカードに電子マネーの機能が付加されていたので使ってみることにしました.公共料金が払えない,使える店が限定されているなどの不便はありますが,帰宅途中にあるコンビニ全店で使用できるので意外と便利なことがわかりました.わずかですがポイントも付くので,これからも使用していこうかと思っています.
2011-01-24 ひまわりの種  先日,中国にいったとき煎ったひまわりの種を買ってきました.中国では,料理店でよくでてくるものですが,日本国内ではあまりみかけません.インターネットで調べたところ,食用のひまわりの種は,多くの国々で生産されているようでおどろきました.日本国内でもアメリカ産の袋に入ってものが売られていることがわかって,これにも驚きました.大リーグのベンチにおいてあることもあるとの記述も見つけました.実はアメリカが原産国で,世界中に広がり現在はロシアが最大の生産国であるとはおもしろいものです.
閉じる
Date Title Contents
2011-01-17 食器の滅菌  まれにですが,日本国内でも,飲食店で出される食器が薄汚れている場合があります.あまり気づかない方ですが,このところ若干増えてきたように思われます.飲食店も専従の職員がどんどん減っているためかもしれません. 中国は地方によっては水不足で,食器の清潔さについてはやや問題があったのですが,このところかなりよくなったと評価しています.以前は,店の隅から茶碗やはしがばらばらに持ってこられてテーブルの上におかれたのですが,昨年あたりから,食器洗浄を専門とする業者がプラスティックフィルムで覆ってパックした一式の食器がテーブルに運ばれるようになりました.説明を読むと高温で滅菌してありますよと書いてあります.食器に傷やひびが見受けられることがあるのですが,衛生上の心配は格段に減ったように思います.
2011-01-10 チチハル  先日,瀋陽に降りて,長春,ハルピンを経てチチハルまでいってまいりました.12月としては異例の寒さのチチハルは,昼間で-28℃でした.外にでると相当に寒いので,帽子と靴の中敷を購入しました.しかしながら,現地の人々は活発に活動しているようで感心いたしました.ただし,顔は真っ赤で充血しており,なかなか大変なところであることには変わりありません.特に,道路の除雪を人力でおこなっているのですが,これは大変そうでした.東京に帰ってきて,その暖かさをあらためて感じました.
2011-01-03 鉱山掘削機械リンク集  鉱山掘削機械リンク集
2010-12-27 留学生はよく勉強する 約35年前になるのですが,米国ではアジアからの留学生はよく勉強するといわれていました.現在の日本では,中国からの留学生はよく勉強するといわれています.もっとも,例外はかなりありますが.ところで,最近になって,”中国では,北朝鮮からの留学生が一番よく勉強する”とのうわさを聞きました.本当がどうかもう少し時間が経たないとわからないのですが,理由はわかるような気がします.
2010-12-20 モンゴル  1年に一度位の頻度ですがモンゴルについて少しだけ調べています.もっともモンゴルというと,国をいうのか,地域をいうのか判然としませんが,ここでは,ウランバートルを首都とするモンゴル国を指すことにします.面積が156万平方kmもあるのに,人口は3000万人足らずで厳しい自然環境にあることが推測できます.以前から石炭が豊富であることは知られていましたが,運搬距離が長いので輸出は難しいとされてきました.数年前まで炭坑は赤字のところが多かったと記憶しています.しかしながら,最近になってインフラ整備が徐々に進められて見通しが明るくなってきているようです.中国はいうまでもなく,欧米各国,ロシア,韓国もかなりの投資を計画しているのではないでしょうか.何もおきなければ(特に中国と変な関係にならなければ),今後10年で大きく飛躍しそうな気がしますがいかがでしょうか.
閉じる
Date Title Contents
2010-12-13 あっという間の一年  夏が去ったかと思ったらあっという間に一年が経ってしまいそうです.今年は何をやったかなあと考えてみるのですが,取り立ててこれという物は思い浮かびません.英文の論文がいくつか出たのが,一つの成果でしょうか.それと,岩石とビット間の摩耗に関して,再度,検討をはじめたことくらいでしょうか.岩石の摩耗能(ビットを摩耗する程度)は難しい問題で,半歩でも前進できればよいと考えています.この分野は,日本における研究者の層がほんとうに薄くてやや心配しております.世界でもこの分野の研究者はそう多くないのですが,モース硬度に関する洋書などあることをみると,しぶとく研究している人はある程度いるように感じます.
2010-12-06 米国における水圧破砕を利用した天然ガス開発  シェールガス層は、米国東北部ではペンシルベニア州からニューヨーク州、オハイオ 州、そしてウェストバージニア州にまでまたがっている.例えばであるが,採掘権として4047平方メートル(1エーカー)につき4750ドルの値がついたとの話もある.坪単価300円でこれは破格といえる.このような開発は2005年のエネルギー法案が起点といわれており,ハリバートンが主導している. 技術的には水圧破砕を使用し,高圧水を地下例えば2400mに送りこんで亀裂をつくり,そこから漏れ出す天然ガスを回収する.水圧破砕に使用する破砕流体は,596種類の化学物質の混合物といわれており,環境破壊につながるのではないかとの懸念がある.例えば,井戸1本の水圧破砕で必要な水は,2650万リットルといわれており,これほどの水とそれに混合された化学物質の影響は,おそらく何年かの後にあらわれるであろう.なお,水圧破砕をしてしばらくすると,天然ガスの出がわるくなる.過去の例では,最高18回まで水圧破砕をしたという. 歴史を振り返ってみると,最初はニューメキシコ州からはじまり,現在では東部の諸州でも開発されており,現在45万本の井戸が稼働中であるが,さらに数は増えつつある.ディック・チェイー(元ハリバートンCEO,元副大統領)が重要な役割を果たしてきたという噂ある.なお,パイプラインで輸送されることが多いが,一日輸送量の例は280万立方メートルである.パイプラインの建設・保守技術もまた米国の強みと言えるでしょう. (参考文献) GASLAND Trailer 2010 http://www.youtube.com/watch?v=dZe1AeH0Qz8 JOGMEC 伊原賢 ”シェールガスのインパクト” http://oilgas-info.jogmec.go.jp/report_pdf.pl?pdf=201005_015a.pdf&id=3574
2010-11-29 That Darn Cat  邦題は”シャム猫ニャンタッチャブル”で,1965年にWalt Disneyにより製作された映画です.好奇心が強くいたずら好きの雄のシャム猫(adventurous Siamese tomcat)の功績で,二人組みの銀行強盗が追い詰められついにつかまるといった筋書きです. この映画は,何度見ても最初の部分が素晴らしい.餌を食べているブルドッグを塀際におびき寄せておいて,自分がブルドッグの餌を頂戴するところがでてきます.主題歌は,Bobby Darinで独特の気取った歌い方が丁度あっている気がします. 猫の青い目(This elegant, blue-eyed creature)が印象的ですが,技術的にはこんなにきれいに猫の目を撮影するのはさぞ難しいのではないかと想像します.
2010-11-22 カード会社との電話  カードを紛失してしまったので,カード会社に電話をすることになりました.まず,ダイヤル.電話はつながったのですが,用件ごとに番号をいれて#を押せとのことです.まだ耳は悪くなっていませんが,誠に聞き取りにくい.それが終わると会員番号とパスワードを入れることになります.ここも音声が聞き取りにくい.さらに,電話が混み合っているとのことで随分待たされました.オペレータの人につながると,あっという間に用件は終了しました.もう少し,改良できないものでしょうか.
2010-11-15 就職担当  これまでの1年間,大学院の就職担当をしました.なんどか就職担当をしましたが,これが最後でしょう.従来と特に変わったところはないとの感想です.就職難であることは確かですが,求人側からみればなかなかぴったりの人がいないとも言えそうです.もっとも,これは今にはじまった事ではなく,従来からそのような感じであったといえましょう.しかし,つくづく思うのは,出世しようという人の少ないことです.
閉じる
Date Title Contents
2010-11-08 さく孔関係の洋書  今年の後半には,drilling関係の洋書が何冊か出版されます.海外では地道な検討が続けられていることをあらためて実感しました.今後のキーワードといえる”水,エネルギー,運搬”にこのさく孔技術は欠かせないと思います.この事実を認識している人が,海外には多数いるようです. 参考までに,目に付いた洋書のリストを示しておきます. "Rock Mechanics, Drilling and Blasting Desk Reference" "Formulas and Calculations for Drilling Operations" "Continental Scientific Drilling: A Decade of Progress, and Challenges for the Future" "Rotary Drilling and Blasting in Large Surface Mines Balchandra" "Directional Drilling" "Bucyrus Drills: Drilling the Earth for 75 Years" "Mohs Scale of Mineral Hardness" "Wear of Rock Cutting Tools: Laboratory Experiments on the Abrasivity of Rock" "Wear of Rock Cutting Tools" "Hardness Tests: Mohs Scale of Mineral Hardness, Rockwell Scale, Vickers Hardness Test, Janka Hardness Test"
2010-11-01 けんぴ  ”けんぴ”は高知県の菓子で,このごろは東京でも売っています.表面が硬く,独特の歯ざわりが良いとおもいます.ところで,この”けんぴ”は漢字でどのように書くのか調べてみたのですが,当て字ばかりで一定しないようです.また,語源も調べてみたのですが,諸説があるようで,どれが正解かはわかりませんでした.しかし,一袋百円程度で売るのは大変ではないかと,他人事ながら心配しております.
2010-10-25 掘削機械と空圧技術  先ほどのチリの鉱山事故にあたっては,救出用の立坑を掘削するのに,米国製の掘削機械と米国のクルーが活躍しました.掘削機械はいろいろあるのですが,エアーコア式であったようです.私の思い込みかもしれませんが,気体の扱いは米国が,長年にわたってリードしているようにおもわれますがいかがでしょうか.20年ほど前に,長期クリープ試験装置を設計する際に,ある程度調べたのですが,減圧弁,空圧ラムも最高級品は米国製でした.お蔭様で,ほぼ20年を経てもそのときに購入して試験装置に組み込んだ空圧部品は,外見上もなんの変化もなく,問題なく動作しています.
2010-10-18 虫の音  狭い我が家の庭から,毎年今頃になると夜は虫の音が聞こえてきます.今年は雑草も枯れるような日照りだったのですが,なんとか生き延びたようです.主にこおろぎだとおもいますが,その他にも虫がいるようで,興味深く聞いております.庭にでると,小さなトカゲもみかけます.これから寒い冬を越さねばならないので大変だとおもいます.現在の家に引っ越してから30年以上が経過して,草むらはほとんどなくなってしまいましたが,わずかながら生き残っている虫がいるようです.
2010-10-11 Forty niners  標題を日本語に訳せば,”49年組”とでもなるのでしょうか.1849年に米国でおこったゴールドラッシュに参加した人々を指すのだと思います.荒野の決闘の主題歌にも以下の一節がでてくるのをご存知の方は多いでしょう. In a cavern, in a canyon Excavatin’ for a mine Dwelt a miner, forty niner And his daughter Clementine. 金の価格の長期トレンドを見てみると,決してよい投資対象とはいえなかったようですが,ここ10年間に関する限りでは着実に値上がりしているようです.2000年にはグラムあたり1000円程度であったのが,現在は3500円程度です.21世紀に入って,何かが変わったのでしょうか.気長に動向を見守りたいと思います.
閉じる
Date Title Contents
2010-10-04 博多  久しぶりに博多にいってまいりました.しかも,新幹線でいってきました.関門海峡 を新幹線で通過した記憶はあるのですが,あまりに古く,いつのことであったか思い 出せません.新幹線で東京と博多間を往復して,広島から小倉までのあいだに多くの トンネルがあることをあらためて認識しました.博多はあいかわらずで,食べ物は安 くておいしいといえます.良心的な店が多いとの印象は,昔から変わっていません. 九州大学の新キャンパスにもいってきましたが,思ったほどには不便でありませんで した.また,東京から持参したスイカで,博多から新キャンパス間の電車,バスがす べて乗れたことは,印象的でした.ほんとうに便利になったものです.知らない土地 にいって,切符を正確に購入することは意外と難しいですし,バスに乗るときに一万 円札しかないときなどは困るのですが,スイカが使えれば問題なしでした.
2010-09-27 はじめてのマレーシア  マレーシアにいってまいりました.クアラルンプールでおりて,トンネル工事現場を 調査し意見交換してきました.食材が豊富で,食事はおいしいという印象です.値段 は,日本の半値かそれより若干安い程度でした.日本食は,日本国内と同程度の値段 かとおもいます.しかしながら,周辺は赤土が多く,田畑は少ない印象を受けまし た.そのかわり椰子,バナナなどの大規模農園が広がっていました.日本とほぼ同じ 国土で,人口は三千万人以下ですので,土地の余裕はありそうです.雨も適度に降り ますので,今後の発展が大いに期待できるとの印象をもって帰国しました.やや気に なるのが,土木工事現場で厳しい労働に従事しているのは,外国人が多いようでし た.
2010-09-20 Eric Burdon  Eric Burdonは1941年生まれでまもなく70才です.日本国内では,アニマルズを知っている人は多いでしょうが,Eric Burdonという名前をしっているひとは,あまり多くないでしょう.この頃はインターネットの普及で,1時間も検索すれば1960年代からのパフォーマンスが聞き比べられるようになりました.ありがたいことです. 多分,中学のときとおもいますが,耳に残っているのは"The House of the Rising Sun"そして"Don’t Let Me Be Misunderstood".デビュー当時の歌い方はあっさりしたもの.一方,最近はかなり凝った歌い方をしているようです.聞き比べて,どちらもいいなあ,といったところです.2つの曲をあげましたが,良い歌なので色々な歌手が歌っています.私の好みでは,Eric Burdonと同じくらい魅力を感じるのはNina Simoneでしょうか.
2010-09-13 正確さが損なわれてきた  われわれの商売は,色々なことを調べて,可能な限り正確に記録を残すことともいえましょう.かなり長い間,日本人の書いた記録は,もっとも信頼ができるものでしたが,このところどうも正確さが損なわれてきたようなきがします.ひとのことはいえませんが,ある事がおこった日時についても,誤った記載が,ちょくちょく見受けられるようになってきた気がします. 日本に住んでいると,どうも日本の欠点とか弱点ばかり目についてしまうのですが,他の国もそうかもしれません.そのあたりのことは,なかなかわからないと思います.調べる良い方法がないからです.しかし,この点でも中国の台頭は目覚しく,Wikipediaについても日本語より充実してきたように感じます.興味のある方は,自分のよく知っている分野の単語を,日中英の三ヶ国語で検索し,対比してみるとよいでしょう.
2010-09-06 A Day in the Life of a Fool  前にも述べましたように,時々YouTubeを見ています.何気なく検索していると,中学校の頃,ラジオで聞いた曲に出会います.先日,表題の曲を久しぶりに聞きました.最初に聞いたのは,フランク・シナトラが歌っているものでした.画面は,シナトラとグレース・ケリー.グレース・ケリーは引退する直前と思いますが,その品のよさには感心します.その次に,ヘレン・メリルが歌っているバージョンを聞きました.これも一世を風靡したバージョンといえましょう.
閉じる
Date Title Contents
2010-08-30 自動車産業  先年,韓国にいき現代自動車の車が,相当な水準に達したと感じました.評価の仕方は色々あるでしょうが,株価を見る限りでは,この私の評価は正しかったようで,順調に上がりつつあるようです.一方,日本の自動車産業は,相当な努力を払っているにもかかわらず,これも株価からみた限りではジリ貧といったところです.短期的にみれば,円高の影響が大きいとはおもいますが,一度斜陽産業となったものが復活することは,困難であり,日本としては,別の稼ぎ手をみつけていく必要があるでしょう.
2010-08-23 インドからのメール  あるヨーロッパの出版社が出している学術雑誌に投稿して,受理されました.受理されるまでは,イタリアからメールが来ましたが,受理された後の細かい手続きに入るとインドからメールが来るようになりました.発音を聞きますとインドの英語は相当にくせがありますが,文章は大変きれいな英語で感心しました.残念ながらインドに関する情報はあまり入ってきません.中国とどうとうに色々なことが起こっているはずですが,日本のマスコミはあまりインドのことを取り上げないようです.しかし,英語ができる人がかなり多いことを利用して,中国とは違った分野での発展も,インドは見込めそうと感じました.
2010-08-16  夏はやはり暑いのですが,8月半ばを過ぎると次第に過ごし易くなるかと思います.育った名古屋と比較すると東京の夏は,かなり過ごし易いはずですが,今年はややまいりました.理由は定かではありません.それにしても,庭の雑草はたいしたものだと思います.雨があまり降らなくても,青々としています.このところ少し気になることは,年々,蝉の鳴き声が小さくなっていることです.よく考えてみれば,自宅まわりもほとんど舗装されてしまい,地面の見えるところはほんのわずかになってしまいました.
2010-08-09 Wonderful tonight  You tubeをみていたら,古いバージョンと新しいバージョンがでていました.この歌は1977年というから丁度,米国で私の愚息が生まれた年にEric Claptonが作詞・作曲したものと思います.このときEric Claptonは31才と思います.あっというまに歳月が過ぎてしまったようです.よく知られていることですが,この曲はやがて奥さんとなるPattie Boydさんを待っている間につくられたそうです.インターネットで検索すると元気そうなPattieさんの最近の写真がでてきました.1944年生まれですから女性としては元気さかりといったところでしょうか.それにしても,Eric Claptonさんは昔も今もギターがうまい.
2010-08-02 名古屋のテレビ塔  先日,待ち時間までに時間があったので,テレビ塔に登ってきました.思い出せば,完成したのは小学校一年生のときで,最初に来たときには長い待ち時間の後に,展望台に上れたことだけ覚えています.今まで,来た回数は数えていませんが,十回は越えているでしょう.設計者は東京タワーと同じなので,形は同じなのですが,色は銀色.久しぶりに,展望台からみる名古屋の街は,ここ20年ばかりあまり変わっていないとの印象を受けました.特に,テレビ塔のある栄町は,このところ目だったビルの建設はなく,むしろ中学生のころと基本的には変わらないとさえ思われました.まもなく,電波塔としての役目を終えるようです.
閉じる
Date Title Contents
2010-07-26 ワイン  先日,機会があって何種類かのワインを飲み比べました.白のカバ:スペイン製のビン内醗酵ワイン.これは上等でした.値段も高いそうですが,シャンパンと遜色なしといったところでした.ロゼのカバ:味は上等.白のカバと比べると香りがやや少ない.値段は手ごろ.白のスペインワイン:これはくせもなく非常に飲みやすいワインでした.日本国内では無理ですが,スペインの現地値段でしたら食事ごとに飲めそうです.赤のスペインワイン:これは高級品.くせが強いのですが,さっそく注文するという方がおられました.暑いときに,ほどほどに冷やしたワインもよいものです.
2010-07-19 イーニン  イーニンはカザフスタンとの国境に近い町で,年間降水量が300 mm以下とのことでしたが,訪れてみると緑の多い都会でした.まわりには,畑が広がり小麦のほかに何種類かの果物も栽培されているようでした.国境近くの辺鄙な町という事前の予想とはまったく異なっており落ち着いた小都市といったところでした.もっとも,人口は50万人以上であり,国内でいえば松戸市と同程度の人口といえるでしょう.資源は沢山ありそうですが,運搬距離が長いので,あまり熱心に開発されてきたとは言いがたいとおもいました.高速道路と鉄道がほぼ完成したので,今後の発展が大いに期待できる地域といえましょう.
2010-07-12 ウルムチ風力発電に関するメモ  道路わきに多数の風力発電機が立ち並び圧倒される.例えば,設置はCECIC風力発電(新疆)有限公司.地元電力会社は新疆電力有限公司.発電機会社は,新疆金風科技股分有限公司.この会社は年間200台程度を生産. 古いものは,1機当たり1,500kW程度の出力か.高さ30m、柱の直径3m.オランダ・ドイツが10年ほど前に,技術を提供して建てられたと聞く.風速8m/sで廻り始めるようだ. 1機あたりの出力は徐々に増大.2005年は、世界的に2.5MWクラスが中心であった。2008年には5MWの機種も登場している.最近ではこの倍ほどのものも出現しているようだ.なお,発電量はローターの半径の2乗、風速の3乗にほぼ比例する.効率は最高約60%である(ベッツの法則). 工期は,1基では3?4ヶ月位か.100基なら1年位か.みたところ,1台の移動式クレーンで組み立てていた.道路わきであり,まわりに人家もないので,効率的に配置・組み立てができるようだ.基礎をどうしているかは,わからなかった. 発電機の寿命はせいぜい20年程度か.ポールとその基礎部分の寿命はより長いといえる.発電機を取り替えながら利用することも可能かもしれない.エネルギーペイバックタイムは,ウルムチではかなり短そうだ. コストは,よくわからないが石炭火力にはかなわないだろう.しかし,大差があるとはおもわれない. 出力変動,強風,落雷などに対する策はよくわからなかった.
2010-07-05 トルファン  最も低いところは海抜-154 mと書いてあったが,手元の高度計では確認できず.訪問した日は,このあたりでは例外的に気温が低いようでした.名産の一つであるぶどうは,干してあちらこちらで販売していました.立ち寄った店では,1 kgあたり10元から60元の値段がついていました.もっとも安い干しぶどうはやはりまずかった.もっとも高いものを10元だけ買ったが日本で売っているものより甘みが強く感心しました.しかし,値段はかなり高いとおもわれました.あちらこちらに,ぶどうを干す小屋がありましたが,これは印象的でした.壁がレンガでできているのですが,隙間がいっぱいあいていました.
2010-06-28 火焔山  トルファン市の東にある火焔山を訪問しました.西遊記にあらわれることは,よく知られています.昔から知っていたので,是非訪問してみたいと思っていました.朝一番にでかけたので,気温はさほど高くありませんでした.砂岩・泥岩とおもわれる赤みがかった山肌に,上から下へとしわが何条にもできていました.高温であることも確かですが,ここから西方をみると地平線まで人家はみあたらず,乾燥した大地が広がっています.昔の旅人が,ここまで来て,西方にひろがる大地をみたら,さぞ心細く感じたのではないかとおもわれました.観光スポットの一つということですが,観光客はいたって少なく,ゆっくりと見学できました.
閉じる
Date Title Contents
2010-06-21 ブログ  色々な人がブログに全力投球しているようにおもわれます.おかげで,これらを読んでいることで世の中の動きがある程度わかるような気もします.テレビ,新聞では報道されないようなことが,いち早くブログで発表されることも多いようです.ただし,ブログですとどうしても自分の意見にあったものだけを丁寧に読みがちになりますので,注意が必要かと思っています.
2010-06-14 整理・整頓  この頃は可能な限り,不要なものを整理するように心がけています.まわりを見ると,家庭でも職場でも,1年以上使用していないものが沢山あります.たまに,手にとってみると,かえって貴重品のような気がしてしまうのですが,出来る限り捨てるようにしています.思い返せば,ホンのわずかな持ち物を持って東京にでてきたのですが,いつの間にか沢山のものがまわりに貯まってしまいました.これからも,できるだけ整理・整頓に心がけたいのですがなかなかうまくいきません.
2010-06-07 数寄屋橋  先日,数寄屋橋の交差点が目の前に広がるイタリア料理のレストランで食事.外濠も橋もなくなったのですが,交番は健在.最初にきたのは,50年以上前で,父と一緒に八重洲口から歩いて数寄屋橋まできたようにおもいます.いまさらながら,時の経つ速さを感じます.当時の東京は,ごみが多くざわついておりましたが,水路,お濠とそれにかかる橋が印象的でした.
2010-05-31 ユーロがなんとなくざわついています  このところなんとなく落ち着かないままに,5月が終わり6月になろうとしています.ユーロ圏が落ち着きを取り戻すにもかなりの時間がかかりそうに思われます.ユーロの永続性が問われることになりそうですが,私の感じでは,かなりの変化がおこりそうに思われます.しかし,これだけユーロが安くなると,ドイツ車が競争力を増すように思われます.しかし,日本での商売は,昔からですが,相当に高い値段で車を売る方針に徹しているようです.それに比べて,米国車は比較的安い値段で売っており,もう少し売れてもよさそうですが,売れていないようです.車幅が広すぎるのでしょうか,それともあまり売る気がないからでしょうか.遠い記憶ですが,実家から100mくらい離れた家がフルサイズのキャデラックを購入して長い間庭先においていたことを思いだします.キャデラックとドリス・デイの華やかなりし頃です.そういえば,ドリス・デイさんは未だに健在のようで,結構なことだと存じます.
2010-05-24 表参道  久しぶりに表参道を少しだけですが散策.昔々の学生時代,根津から表参道までいき,ここで銀座線に乗り換えて渋谷の塾へ行っていました.表参道の乗り換えは,いったん地上に出ての乗換えで,このあたりは開発がやや遅れて大きなビルはほとんどなかったと記憶しています.だからこそ,後発の強みで新しくてきれいなビルがいっせいに建てられたのでしょう. 行きは地下鉄を使いましたが,渋谷からの帰りはバスでお茶の水まで,そこで乗り換えて下宿に帰っていました.渋谷からのバスはだいたい最終便でした.
閉じる
Date Title Contents
2010-05-17 雑誌が薄くなった  以前は計算機関係の雑誌を,毎月購入して読んでいたのですが,このごろはあまり購入しなくなってしまいました.たまに買って手にとってみると,以前に比べて薄くなってしまった感じがします.広告が相当に減ったことが響いているのでしょう.また,記事についても,苦労のあとがみられるのですが,画期的とおもわれることが少なくなっています.やはり,停滞期なのでしょう.何年か経てば,また,新しい展開がはじまることを心待ちにしています.
2010-05-10 ゴールデンウィークが終わって  かなり前から楽しみにしていたゴールデンウィークが終わってしまいました.東京では,これが終わると梅雨がまもなくはじまるようです.気候は今年もあいかわらずですが,ギリシャ問題で,世界はかなり揺さぶられていますが,一体どうなることでしょう.この騒ぎのなかで,米国ドルが上がり,不思議なことに日本円がドル以上に上がっています.これから判断すると,日本に対する外国の信頼感は今なおかなり厚いように思われます.国内に住んでいるものよりも,国外から冷静にみたときの方が正確な結論が得られやすいのでしょうか.
2010-05-03 時の過ぎ行くままに  少し暇があったのでインターネットで色々と検索しているうちに"As time goes by"に行き当たりました.イングリッド・バーグマン,ハンフリー・ボガードそして歌はフランク・シナトラ.やはり本物だと思います.しかし,この主題歌の解釈は難しいですね.例えば, "The fundamental things apply As time goes by". この主題歌をビリー・ホリデーがカバーしているのにも偶然に行き当たりました.すでに,声量も落ちており音域もかなり狭くなってしまったころのものと思われましたが,これも本物という印象を受けました. なんとなく特をしたような気分になりました.
2010-04-26 先は見えない  2005年頃に一時言われていたのですが,今年になって経済破綻の懸念が再度取り上げられています.しかしながら,いわゆる専門家の中でも賛否両論でまとまりがつきません.専門家とは,所詮,過去のことをよく知っている人であるので,将来予測まで期待するのは無理といえましょう.もちろん,わたくしどもの分野も例外ではなく,自分が専門とする領域の将来が見渡せるわけではありません.しかしながら,何十年かして色々な統計を調べる人は,どうしてこんな簡単で明瞭な予兆のあることが予測できなかったのか,むしろ怪訝におもうことでしょう.
2010-04-19 テレビ  間もなくアナログ放送が終了するそうですが,この頃,ほとんどテレビを見ていません.とはいっても,台風情報などを見るにはテレビがよいので,まったくなくすることはできないように思います.なにか余程画期的な変化がない限り,テレビはだんだんと廃れていくような気がいたしますがどうでしょうか.
閉じる
Date Title Contents
2010-04-12 本屋  現在住んでいるところに引っ越してから30年を過ぎました.最初は近くに本屋がありましたし,通勤で通る道にも本屋がありましたので,早く帰ったときには本屋に立ち寄って雑誌を買うことがありました.しかしながら,徐々に本屋さんはなくなりました.その代わりにコンビニはあちらこちらにあり雑誌を売っていますが,私が買おうとするものはおいてありません. 翻って考えてみると,最近では計算機の画面を見て暮らす時間が多くなり,私自身も読書に費やす時間が次第に減ってきています.これは全国的な傾向なのでしょう.雑誌を買ってきましても,内容はだんだん薄くなってきているようです.これから先は,どうなるのでしょうか.
2010-04-05 新学期  いよいよ4月になって学校は新年度,新学期のはじまりです.毎年,新入生が入ってきて,教員も心新たにスタートを切る月といえましょう.講義も熱心に聞き,あっという間に4月が終わり,ゴールデンウイークに入るのですが,学校にとってはどうもこのゴールデンウイークの時期は都合が悪いように思っています.ようやく,講義も調子が乗って来た時期に,休みですので,なんとなく一休みして,そのままだらけてしまう新入生諸君がかなりあるように思っています.なんとか,対策はないものでしょうか.
2010-03-29 大理  昆明から約360 kmの大理にもいってきました.最近できた高速道路は快適で,昆明からほぼ3時間で大理に到着いたしました.山間の町かと思っていたのですが広大な湖があり,むしろ湖畔の町といったところでした.道路は十分な余裕をもってつくられており,これからの発展を期した町のつくりと判断しました.湖でとれる魚を主体とした料理がでました.風情豊かで結構な料理でしたが,昆明と同じで塩味がかなり強いといえます. 肝心の大理石の採石場を探したのですが,切り立った山腹にあり車では到底いけないとのことでした.やはり下調べをほとんどしていかなかったことがいけなかったようです. 岐路も車で高速道路を飛ばして帰ってきましたが,山間とはいえ,豊かな田園風景が広がり,一見したところでは豊かな農村といったところでした.訪問するまえは,かなりの寒村が続くかとおもっていたのですが予想とは異なりました. 昆明近くの湖をみたのですが,水の透明度は低いのですが,みじんこや小魚が多数生息しておりました.また,これを狙った鳥が多数飛び回っておりました.このことから判断すると,環境は良好といえましょう.
2010-03-22 昆明  先日,中国雲南省昆明にいってまいりました.かなりの田舎かと予想していましたが,かなり大きな都市でした.ただし,車は北京,上海に比べると少なく,物価も比較的安そうでした.まだまだ,これから発展しそうな雰囲気を感じました. 食事はどこに行っても一定の水準を保っているのが中国の特徴で,ここ昆明も例外ではありませんでした.朝でたおかゆは十分においしいものでした.また,ホテルではコーヒーも比較的安価に飲めるようになりました.ただし,どの料理も塩味が強い感じでした.ずっと昔の東京のそば汁と同じ位の塩加減と感じました. プーアル茶の本場だけあってお茶は大変に美味しいと感じました.ただし,入れ方はかなり難しそうでした.何気なく,急須にお湯をいれて最初の2回ほどは捨てて,3回目から何度か出てくるわけですが,回を重ねると少しずつ味が変化していくのは不思議といえます. 気候は温暖で四季というよりは,乾季と雨季にわけた方がよさそうです.よいところなのですが,標高が高いのでお酒に酔い易いと感じました.
2010-03-18 正岡子規と英文の詩  “Is there any room at your head, Willie? Or any room at your feet? Or any room at your side, Willie, Wherein that I may creep?” “There’s nae room at my head, Margret, There’s nae room at my feet, There’s nae room at my side, Margret, My coffin is made so meet.” 正岡子規の書いた文章を読んでいたらこんな詩がでてきました.Margretは女房の名前で,Willieは死んだ亭主の名前です.正岡子規は”この歌は痴情をよく現わしておる”と書いています.この感想に対して,なんともいえぬ”すごさ”を感じました.
閉じる
Date Title Contents
2010-03-08 配送料無料の書籍通販  書籍通販の”アマゾン”が配送料のキャンペーンをおこなっています.一度メンバー登録をしておけば,one-clickで買えますので,利便性は大きい上に,配送料無料では普通の書店で買う人は,いよいよもって少なくなってしまうでしょう.しかしながら,私のようなものぐさな人間にとっては,便利です.
2010-03-01 本田静六自伝体験八十五年  本田先生の本をこれまでに数冊読みましたが,やや,乾いた感じと受け止めてきました.しかし,標題としてあげました本では,この感じが拭い去られました.かなり生臭いことが,赤裸々に書いてあることに驚きました.特に,奥様に関することがかなり詳しく書かれておりました.”自序”の日付は昭和27年1月でありますが,この筆をおかれて直ぐに急逝されたそうです.ご自身では,なにか予感があったのでしょうか.
2010-02-22 中国はロウリスク,ミドルリターンの投資先  中国はバブルであり間もなくおかしくなるという意見がありますし,他方で,これからも急速に伸び続けるとの意見も聞かれます.このように,将来予想では意見がわかれることは,ごく普通のことであります.このところのデータをみますと,一人当たりのGDPが間もなく4000USDに達するようですし,高速道路も整ってきました.もっとも驚くことは,片田舎と私が思っていた都市にいっても,高層ビルが並び立ち,人々が活発に活動していることです.これから,推測して,既に良い線まできてしまったなあ,というのが私の感想です.ある程度の安定性を得て,これまでより緩やかに発展を続けていく可能性が高いというのが,現時点での私の見方です.
2010-02-15 Livedoorの堀江さん  年頭の”アゴラ”に,堀江貴文さんが書いています.題目は”日本が輝きを取り戻すために”です.一部を引用しますと,”政権がベンチャー企業家などの成功者に対して嫉妬心を抱く大衆の心理に付け込み、結局官僚が権力を拡大しているだけの話であると私は思っています”。私も,例のLivedoorのさわぎをみながら,日本国民の成功者に対する嫉妬心を感じ,日本の将来は暗いと判断しました.長年の伝統によるものともいえますが,進歩が止まった1990年以降の風潮には特に嫉妬心が強く感じられます.なんとかならないものでしょうか. 引き続いて堀江さんは,”再び日本が輝きを取り戻すためには、科学技術の振興、人口増加策、外国資本の呼び込みが必須です”としておられます。妥当ともいえますが,あまりにも常識的であるので,もう一つ食い足りないものを感じます.これは,ないものねだりかもしれません.
2010-02-08 就職4  ”何をするにも運・不運はある” これで就職に関することは,一旦やめることにしますが,就職には運・不運がどうしてもあるようです.努力してもだめなことが,むしろしばしば起こるようです.これに対してどう対処したらよいかは,よくわかりません.あまりしょげないこと,元気を失わないこと,再度努力をすること,などがアドバイスとして考えられますが,どれもかなり難しいことです.言うに言われぬ運・不運があることだけは,承知して社会にでていった方が良いともいえますし,また,そんなことは意に介さないという立場もあるでしょう.このあたりは,誰も答えを持っていないのではないでしょうか.
閉じる
Date Title Contents
2010-02-01 就職3  ”一番人気は避けること” 具体的な業種をあげることは避けますが,就職するときに一番人気であった業種や会社が何十年もにわたって栄え続けることは,まずないといえましょう.産業にも栄枯盛衰があり,良かったり悪かったりの波があります.無理して,一番人気の会社に行く必要はまったくないとおもいます.たった一つわたくしがアドバイスするとしたら,Cash richの会社を選ぶのは,たいていの場 合に懸命な選択となるでしょう. ”転職する前に誰かに相談すること” 思っていたとおりの職場でなかったので転職する人が多くなっているように思います.それは,構わないと思いますし,これからもそのような傾向が強くなっていくでしょう.ただし,最終的な決断をする前に,誰かに相談することを勧めます.たとえば,大学時代の指導教員などはその候補者となるでしょう.特に,大学院をでた人には,指導教員に相談することを勧めます.卒業論文は短期間ですが,修士課程でも2年間観察できます.この位の期間観察できれば,指導教官は学生の資質をかなり正確に把握できているはずです.
2010-01-25 就職2  ”金融関係の仕事が当分有利である” 国内の製造業はこれからかなり厳しい試練を経験することでしょう.しかし,製造業に就職して悪いということではありません.製造業に就職しても,可能な限り多方面にわたる好奇心を持ち続けることが必要でしょう.製造業で得た知識を,後年,金融関係の仕事で生かすこともできると思います.ただし,これからの世の中は,技術だけしかわからない技術屋は,ほんのわずかの分け前しかもらえないでしょう. 金融関係の仕事についてわたくしは熟知しているわけではありません.しかし,私の知る限りでは,非常に厳しい仕事で,全力疾走できるのはせいぜい10年程度であることを承知しておくのがよいかとおもいます.うまくいけば,この10年の稼ぎで,その後は”食うために働く”必要はなくなるでしょう.
2010-01-18 就職1  合計するとかなりの期間にわたって,学生諸君の就職担当をしてきました.一人一人が個性を持っていますので,アドバイスも一様ではありません.数回に分けて現在の考えを述べていきたいと思います.ただし,もし,私が現在就職するとしたらこんなことを考える,という前提で進めていきたいと思います. ”できるだけ早い機会に海外にでて,外から日本をみてみること” なかに居てはわからないことが色々あるとおもいます.可能な限り若いうちに,海外で生活してみることは,後に大いに役立つでしょう.行く国はどこでもよいと思います.米国,中国あたりが行き易いでしょうか.わが国と似ているところ,異なっているところはどこかを,なんとなく感じ取ってくればよいと思います. ”住みよいところをみつけたら,定住すること” 海外出張ででかけると,指折り数えて帰国を待つ人がかなりいると思います.しかし,これからは,住みよいところを見つけて,そこで居を構えるのが良いようにおもいます.そのような人がかなり増えることが,私は望ましいこととおもいますが,異論のあるところであるとは思います.
2010-01-11 家計貯蓄率  日本の貯蓄率がじりじりと下がっているようです.他方,米国は消費するばかりで貯蓄しないといわれてきましたが,一昨年あたりから貯蓄率が増加に転じました.まだはっきりしたことはわからないのですが,昨年の日本の貯蓄率は米国より低く,先進国ではもっとも低くなってしまった可能性があります.このところ躍進の目覚しい中国の貯蓄率は30%程度でしかも増加傾向にあるようです.日本の貯蓄率の低下と中国の貯蓄率の増加に対しては種々の議論がなされているようですが”将来に対する夢の有無の差”といわれると返答に窮します.
2010-01-04 あけましておめでとうございます.  隴(ろう)西の李徴は博學才穎(さいえい)、天寶の末年、若くして名を虎榜(こぼう)に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃(たの)む所頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかつた。 ごぞんじのように,これは中島敦の山月記の出だしの部分です.虎というと,この名作を思い浮かべることがしばしばあります.本年も色々なことがありそうです.2010
閉じる
Date Title Contents
2009-12-21 年賀状  年賀状を出す時期になってしまいました.住所・氏名は計算機に入っていますので,プリンターで打ち出すだけです.昔に比べたらずっと楽になりました.裏のイラストも,近くの書店で買ってきた雑誌から適当なものを選んで印刷するだけです.毎年のことですが,裏にイラストだけを印刷して,年賀状を出すまでに手書きで添え書きを加えようとおもうのですが,思うだけでなにも書かないでだしてしまうのが慣例となってしまいました. 年賀状については,是非が問われていますが,年に1度位は安否を確認しあうのもよかろうと思っています.もっとも,はがきで安否を確認するよりも,メールですればよさそうにおもうのですが,長年の習慣のためかメールによる年賀はあまり増えていないようです.
2009-12-14 旧単位系  講義ではSI単位を使用していますし,論文を書くときももちろんSI単位系を使用しています.しかしながら,私どもの世代は,小学校から大学に至るまで,旧単位系で教わった世代ですので,どうしても旧単位系で考えることが多くなってしまいます.特に,鋼の強度,ヤング率などは,その値(values)を旧単位系で記憶していますので,新単位系を使用するときは未だに違和感を抱いております.新単位系で計算したときは,時として桁を間違えた結果になってしまうことがあります.
2009-12-07 長さ,質量,時間の単位  長年にわたって講義をおこなってきて,いつも難しいなあと思うのは単位について話すときです.特に,長さ,質量,時間については,難しいとおもっています.この3つは色々な決め方がありますし,どのように決めても一長一短がありそうに思えます.ですが,新幹線にのっているときなど,質量の決め方などを色々と考えてみると,よい時間つぶしになるのではないでしょうか.
2009-11-30 水処理  先週は水処理について何人かの方と議論.少なくとも今世紀前半の大きなテーマは,水,太陽,農業と考えております.日本は水に関しては比較的恵まれているといえますが,そろそろ水を節約することを考えなければならないように思われます.洗浄水などはかなりの割合で再利用できる可能性があると思うのですが,具体的な話になると,なかなか腰が上がらないようです.しかし,そろそろ動きはじめる時期にきているのではないかと考えております.
2009-11-24 日はまた昇る  ”日はまた昇る”という言葉は,米国の作家の出世作として知られています.もとの英語は"The sun also rises"だそうです.英語の意味は別として,日本語としての意味もなかなかわかり難い言葉で,①いまは良くないが,いつか良くなるだろう,②また同じような日が続くのか,とかなり異なった風に解釈できるかと思います.現在のわが国の状況をみてみますと,①と②の両者が入り混じった印象を受けております.
閉じる
Date Title Contents
2009-11-16 無次元化Specific Energy  引き続いて,掘削機械の基礎にかかわることをお話させていただきます.
Specific Energyは,大変すばらしいアイデアであり,似たような扱いは多くの分野でみられます.同じ掘削機械で岩盤を掘削したときのSEを比較してみれば,その岩盤の強度をある程度推測することができます.
しかしながら,大小さまざまで,掘削原理も異なる掘削機械から得られたSEを比較・検討するには一工夫を要します.これまでの経験では,一軸圧縮強度(UCS)でSEを除した値が比較的よい指標となります.
無次元化SE = SE/UCS
この値が小さいほど能率のよい掘削方法となります.そのまま比較することは,適当でないかもしれませんが,発破では0.05と非常に小さい値となります.切削式の掘削機械では0.3程度となることが多いと思います.また,さく岩機では2程度となります.なお,同じ機械で比較すると,大型のものほど値が小さくなります(能率がよくなる).これは,一種の寸法効果といえましょう.
無次元化SEの逆数を掘削能係数と呼ぶことがあります.この場合には,値が大きいほど能率が良いことになります.
2009-11-09 Specific Energy(掘削体積比エネルギー)  土砂や岩石を切削したり掘削したりする機械を掘削機械といいます.幸いにして,この掘削機械の分野では,わが国は先端を走っている国のひとつといえるでしょう.この掘削機械の能率を評価する指標はいくつかあるのですが,表題にしたSpecific Energyがおそらくもっとも一般的な指標といえるでしょう.日本語訳の“掘削体積比エネルギー”というのは,私の先代である西松 裕一先生が提案された言葉と聞いております.

Specific Energy = (消費したエネルギー)/(掘削した体積) [Pa]

単位は応力と同じになることに注目していただきたいと思います.算出にあたってもっとも問題となるのが,“消費したエネルギー”で,原動機の消費したエネルギーから刃物(ビット,カッター)が消費したエネルギーまでいろいろな見積もり方があります.原動機→油圧源→アクチュエータ→刃物とエネルギーが伝達していくにしたがって,そうとうなエネルギー損失がありますので,注意が必要です.
2009-11-02 Octo, Novem, Decem  はやくも11月になってしまいました.少しずつですが寒さが増してゆき,新しい手帳の購入とか,年賀状の準備とかをはじめています.さて,標題のように"Octo, Novem, Decem"と並べますと,なんとなく"8,9,10"と読めてしまいますが,これらに"ber"をつけると10月,11月,12月になってしまいます.これは,紀元前153年の改暦の名残だそうです.それまでは,3月が起点だったので,辻褄があっていたのですが,改暦の影響で2ヶ月ずれてしまったそうです.このことが未だに影響をおよぼしているとは驚きです.
2009-10-26 穀物の価格  先週は,金の価格について書きましたので,続いて穀物の価格について少し調べてみました.ここで触れるのは,米,大豆,小麦,とうもろこしです.これらは,生産量が多く,長期にわたる価格が簡単に調べられます.米は1975年には,300米ドル/トン位でしたが現在は,600ドル位でしょうか.大豆は,200ドルであったのが,現在は400ドル程度.小麦ととうもろこしは,小麦の方がわずかに高いのですが,1975年に100ドルだったのが,現在では200ドル弱といったところです.以上はドル建ての話ですが,円建てだと,この35年間の変化はずっと小さくなります.穀物に関しても,10年後はどうなっているかを,時間のあるときに考えてみることにしましょう.
2009-10-19 金の価格  私が博士課程を終えた1975年のときの価格は,1500円(1グラム当たり)でした.やがて,価格はじわりじわりと上がり,1980年に6500円位になります.その後,長期間にわたって下がり続けて20世紀末には,ついに1000円を割ることになります.しかし,そこが底になって現在は3000円を越えて,一部ではブームになっているように思っております.一方,ドル建てでみてみますと,1975年は160ドル/オンス位でしたが,現在は1000ドル/オンス位です.

 こうして,ここ35年位を振り返ってみると,日本国内の金価格や物価は比較的おだやかな変化しかしなかったように思われます.10年後はどうなっているかを,時間のあるときに考えてみることにしましょう.
閉じる
Date Title Contents
2009-10-13 伊勢湾台風  先週は,久しぶりに強い勢力を持った台風が本州を縦断しました.そのコースは伊勢湾台風と似ているといわれています.幸いですが,伊勢湾台風で大きな被害を受けた名古屋も,今回の台風では比較的軽微な被害で済んだようです.思いついて伊勢湾台風のときの写真を,インターネットで探してみるとかなりありました.感覚としては,ついこの間のことのように思ってしまうのですが,約50年の時が流れたのを写真をみるとあらためて感じた次第です.
2009-10-05 季節の変り目  10月に入って急に気温が下がって来ました.猫の額ほどの庭に出てみても,季節が変わったことが感じられます.つい2週間ほど前ですと,蚊に刺されていたのですが,蚊はすっかり退散したようです.夜になると,何種類かの虫が鳴きますが,これもまもなく退散するでしょう.大学でも後半がはじまりますので,学生諸君にははりきって勉学に励んでもらいたいと考えています.
2009-09-28 蘇州・無錫  南京から2時間あまり高速道路を走ると,蘇州市・無錫市に着きます.高速道路はよく整備されており,走行する車のマナーもよいものでした.両方とも地方の小さな都市だと思っていたのですが,実は大都市でした.南京から同行した人の話によると,蘇州付近の方言はわからないとのことでした.もっとも,最近では多くの人が標準語を話すので,会話に不自由することはないとのことでした.付近は湖と小川や運河が多く,風情のあるところでした.小魚やえびが肉眼でも観察できますので,水質はそんなに悪くなさそうです.

中国はとにかく広く,わけがわかりません.しかし,今回の旅を通じても”百聞は一見にしかず”を何度か感じました.なかなか,時間がとれないので,長期間の出張は無理なのですが,可能な限り足を運ぶ必要がありそうです.
2009-09-21 南京  先週は,南京にいってきました.私の考えていたよりはるかに大きな都市でびっくりしました.その他に感じた点を列挙しておくことにします.

1.道路は比較的広く,渋滞は比較的経度でした.また,地中電線化が進み,見た目は良好でした.

2.緑が多く,また鳥も比較的多いと思いました.湖も多く恵まれた環境といえましょう.湖に小魚がかなりいたことも印象的でした.

3.付近の高速道路は,素人目には良くできているように思われました.昼間は乗用車が多いのですが,夜間はトラックが多いようです.

4.食べ物はどれもおいしく,特にスープの類は秀逸といえましょう.
2009-09-14 北大  先週は,北海道大学に行ってまいりました.丁度,観光シーズであったために,飛行機は行き帰り共に満席でした.不況といいながら,日本は豊かになったものです.最初に飛行機にのったのは,昭和30年頃でしたが,荷物の置き場所は電車と同様の網棚で,たまたま富士山上空で飛行機が揺れたときに,荷物がばらばらと落ちてきたことを今でもはっきり記憶しております.
 北大キャンパスは,樹木がほどよく育ち,うらやましく思われました.また,少し大きめのカラスが元気良く鳴いていたのも印象的でした.本当は,狐かリスでもいればよいのですが,小動物は日本の都会では生き延びられないようです.
閉じる
Date Title Contents
2009-09-07 鯨幕  このところの株式相場は,あがったり(陽線),下がったり(陰線)が交互に来て,いわゆる鯨幕相場となっていまた.鯨幕とは,白黒が交互にあらわれる幕で,主として凶事に使われます.しかしながら,鯨幕は株式の下落を暗示しているわけではないそうです.民主党が勝ったのですが,どのように評価したらよいかわからないことを象徴しているようです.
2009-08-31 雨花茶  9月は南京にいく予定ですので,インターネットで南京のことについて調べていたら,雨花茶にいきあたりました.なんとなく魅力を感じさせる名前ですが,比較的最近になって名前がついたもののようです.以前,揚子江沿いにある三峡ダム周辺で購入した緑茶が,安価でありながら素晴らしいものであったことを思い出します.かなり下流で生産される雨花茶を飲めることを楽しみにしております.
2009-08-24 方向感  景気が悪くなってからかなりの期間が経ったようにおもわれます.昨年の暮れあたりは,慌てふためいている感じがしましたが,次第に落ち着いてきたようにおもわれます.株価も今年の3月ころから少しずつ回復してきていますが,これは下がりすぎた分が戻っただけといえましょう.このところは,選挙前ということもあって方向感のない展開になっております.先のことは誰にもわからないことですが,これから日本はどうなるのでしょう.世界的にも,あまりはっきりしない状況が続いておりますが,中国だけは着実に景気が回復しているように,私にはおもえます.来月は中国にいきますので,このあたりを確かめてきたいと考えております.
2009-08-17 静岡  先週は,静岡市とその西部にいってきました.静岡市は気候も温暖ですし,自然も豊かといえましょう.ついでにスーパーマーケットものぞいてきましたが,私が住んでいる松戸よりは値段が高いと思われました.おそらく,静岡の方が全国平均に近く,競争の激しい松戸の物価が例外的に安いと推察します.

静岡から新幹線で名古屋に移動した後に,駿河湾で地震がありました.地震の直前に,かなりの量の雨が降りましたので,東名高速道路で被害が生じたのでしょう.東名高速道路も建設されてからかなりの時間が経ちましたので,これからの保守・管理はこれまでよりも費用・手間がかかるとおもわれます.
2009-08-10 掘削機械の論文  掘削機械は私の専門とする分野のひとつといえます.岩石を掘削する機械で,さく岩機,回転さく孔機,トンネル掘進機などが対象となります.地味な分野ですが,資源開発,土木施工ではなくてはならない機械類といえましょう.しかしながら,世界中あわせても研究者の数は,限られているようにおもいます.
このところ目立つのは,トルコとかイランなどの将来の資源大国からの投稿です.かなり古くからの文献を,きちんと勉強されており感心するところが多いと感じております.また,論文の謝辞をみますと,欧米の研究者や研究機関が挙げられており,先を見越したこれらの国への進出の意図が感じられます.
閉じる
Date Title Contents
2009-08-03 関心事  ある新聞社から問われて,2003年の関心事として下記を上げました.

1.日本の景気:羊年は我慢の年だそうですが,そろそろ光が見えてこないものかと思っております.
2.中国の発展:日本と対照的に元気なのが中国のようです.今年も多分発展が続くと思いますが,色々な問題点もありそうです.興味を持って見守っていきたいと思っております.また,いくつかのネット証券で手軽に取引ができるようになった中国株の動向にも興味があります.

5年以上経ちましたが,現在とあまり変わらないようです.
2009-07-27 名古屋の夏  名古屋で歩き回ってきましたが,やはり暑い暑い.昼間の暑さは東京でもそうとうなものですが,夜になっても気温があまり下がらないのが名古屋の特徴で,エアコンもないところではなかなか寝付かれませんでした.一方,東京といっても自宅は松戸ですが,夕方から徐々に気温が下がって,眠るころには特に気にならない程度の気温になることが多くて助かります.距離にしてわずか300 km程度しか離れていないのですがかなり違うものだとおもいます.なお,せみのなきはじめる時期も,だいたい名古屋の方が1週間程度はやいのではないかと思います.
2009-07-21 名古屋  久しぶりに名古屋近辺を歩いて来ました.名古屋周辺は,自動車を中心とした製造業が盛んですが,このところやや元気が無いように思われました.デーパートでも絵画,版画などの高額商品が以前より相当に安い価格で売られている気がしました.また,中心街では駐車場を見つけるのがずいぶんと楽になったそうです.夜の飲み屋街も,ずいぶん早くお開きとなるようです.
2009-07-13 会社四季報  会社四季報の夏号が出版されたので,久しぶりにちらちらと見ています.ざっと見ただけですが,日本の企業のおかれた立場は相当に厳しいと判断せざるを得ないと思います.20年ほど前の四季報だと,多くの企業が右肩上がりでしたが,このところがんばっている企業でさえ,やっと横ばい程度ではないかと思われます.これから,なにで食っていくかというのは重要な課題ですが,答えは見つかりそうにありません.
2009-07-06 学会誌(オンライン・ファースト)  海外の文献を含めて,ある程度の数の学会誌をみておりますが,最近ではオンライン・ファーストとか呼ばれる公開方式が増えてきたように思われます.要するに,学会誌で発表する前に,インターネット上で公開してしまう方式です.待ち行列が長い学会誌では,掲載が決まりインターネットで公開されてから,実際に学会誌に発表されるまで1年以上かかるようです.このところ気付いたことですが,オンラインで発表される論文をみますと,どうも初夏頃に数が多いように思われます.もう少し,様子をみてみたいと思っておりますが,何か原因があるのでしょうか.
閉じる
Date Title Contents
2009-06-29 韓国の食事  韓国の東海岸ははじめておとづれましたが,魚をはじめとする海産物がゆたかで,食事はおいしかった印象が残っています.いかの入ったキムチを1つだけ買って帰ったのですが,食べ易く美味でした.また,緑茶も買って帰ったのですが,ほのかな香りがするもので,これも高く評価できると思いました.
2009-06-22 韓国  先日,久しぶりに韓国に行ってきました.ソウルまで飛んだあと,車で東海岸の工事現場を見てきました.以前は,輸入した機械がかなり多く使用されていたと記憶しておりますが,最近では韓国産の機械が工事現場で使用されることが多いとのことでした.また,現代自動車製の乗用車に乗せてもらいましたが,乗り心地は良好でこの点でも大変に感心いたしました.ここ10年間での発展の一部を見た感じがしました.
2009-06-15 Fortran-80  Fortran-80は1978年に米国で発売され,研究室で使用しはじめたのは1980年ころかと思います.今考えてみると,コンパイル速度もそこそこ速いし,機能も充実しておりましたが,Fortranで書いたプログラムは大型計算機センターで処理することが中心であり,小さなプログラムしか手もとのPCでは実行しませんでした.その後も,大きなヴァージョンアップがあるごとに買い換えて,現在も後継者といえるインテルFortranの最新ヴァージョンが研究室にはあります.ただし,私が愛用しているのは1996年に購入したF90で,パッケージの中で必要な部分だけをとりだして,自分でBatファイルを作成してコンパイルなどをしています.中心となるF90COMが1.5MB,LINKが0.5MBと軽く,数百行程度のプログラムでしたら本当に瞬時に処理が終わってしまします.感心するのは,Fortran-80で通したプログラムがほとんどそのまま現在でも使用できることです.また,Fortran90,Fortran95となって使い勝手もよくなってきているように思われます.
2009-06-08 Turbo Pascal  BDS-CとGW-Basicよりやや遅れて1980年代半ばになると,研究室ではTurbo Pascalが主力言語となりました.記憶はややあいまいですが,わずか32kBのプログラム1本の中に,エディターからリンカーまで入っており,コンパイルの速度や実行速度も十分なものでした.また,当時のコンパイラーには致命的なバグのあることが多かったのですが,このTurbo Pascalでは軽微なものがいくつかあるだけでしたので,計算や計測のみではなく,制御にも使用しました.このTurbo Pascalも当初はよかったのですが,バージョンが新しくなるごとに肥大化,複雑化してしまい,私の好みからだんだんに遠ざかっていったように記憶しております.相当にシンプルで言語の全体像がある程度見えるものでないと,特に制御用にはなかなか採用し難いというのが私の意見です.しかし,考えてみればこのTurbo Pascalは研究室の主力言語として10年程使用しました.よくお世話になった言語といえましょう.
2009-06-01 GW-Basic  BDS-Cはソースコードが公開されており,参考にはなるのですが実際に使用されているとは思いません.一方,同じころに発表されたマイクロソフトのGW-Basicは,英語の検索サイトで見てみると,まだまだ多くの件数がでてきますのである程度使用されているのではないかと推測しております.私も長年にわたってこのGW-Basicやこれとほとんど同じBasicaにはお世話になってきました.現在でも,本体(EXE)とマニュアルが簡単にダウンロードできますし,VISTAでもそのまま作動します.やや実行速度が遅いのですが,必要にして十分な機能を有しておりますし,安定性は十分といえましょう.
閉じる
Date Title Contents
2009-05-25 BDS-C  英語で色々と検索をしていたら偶然にも表題のBDS-Cのダウンロード・サイトをみつけました.最後にアップデートされたのは,2002年だそうです.米国から1978年に帰国してから計測の自動化と試験機の計算機制御を心がけていたのですが,当時のコンパイラーはどれもコンパイル時間が長く閉口していました.1980年だと思いますが,発売されたばかりのBDS-Cを試用してみたところ,そのコンパイル時間の速さに驚きました.その秘密は,中間コードをフロッピーディスク上に出力するのではなく,メモリー内で処理するためでした.浮動小数点演算はもちろんできませんし,付属している関数もわずか,入出力もバッファーなしでプログラミングには多少の注意が必要でした.ただし,ポートを直接さわれるので,4MHzのZ80でも計測・制御には十分な速さでした.参考までに開発者のLeor Zolman氏の言葉を引用しておきます.

"In 1979, I wrote a compiler for a subset of the pre-Standard ("K&R Classic") C Programming Language. 中略 a stripped-down version for Japanese-market MSX machines (distributed under the name Alpha-C) probably sold somewhere in the 50,000 copy range." "Winston(猫の名前) helps Leor from getting too bent out of shape about Life. He is shown here helping to dissipate some heat from Leor's Inspiron notebook."

http://www.bdsoft.com/resources/bdsc.html

猫好きのようです.
2009-05-18 オメガ  現在,主として使用している腕時計は,カシオとオメガ.オメガの腕時計は博士課程2年生のときに,名古屋今池の時計店にて本体7万円,ブレスレット7000円で購入したもので,齢35年以上となりました.お金は母方の祖母からもらいましたが,形見にしてくれとの思いがあったのでしょう.購入当初は1ヶ月で1分以下の狂いであったと思いますが,現在は1ヶ月で1~2分の遅れかと思います.まずまずの精度かと思います.ただし,自動巻きの腕時計というのは保守がやっかいで,大体5年間に一度分解掃除をする必要があります.1回の費用は,最初の購入価格の半分程度ですので,これまでにかなりのお金をつぎ込んだことになります.数年前に精度でいえばもう少しよい自動巻きの時計を購入したのですが,昔ながらのオメガ・シーマスターに愛着があり,いまだに使用し続けております.残念ながら,現在のオメガ・シーマスターは自社製(オメガ独自)のムーブメントを積んでいないようです.
2009-05-11 中国茶  このところ年に1回は中国にいっております.今年は,上海から300kmほどのところにある南京を訪問する予定です.中国のお土産として,水晶,焼き物,工芸品,アクセサリーなどを買うこともありますが,見る目が無いためか日本に帰ってきてから後悔することがかなりありました.最近では,中国茶をお土産として購入することが多くなりました.高級品ではなく,スーパーマーケットの棚に並べてある,現地の方々が毎日飲まれるグレードのものです.訪れた土地にもよりますが,スーパーマーケットにおいてあるのは緑茶が中心で日本の何分の1の値段です.緑茶といっても味と香りのヴァリエーションは多岐にわたり中国文化の奥の深さをうかがえます.その他に,青茶(例えばウーロン茶),紅茶,黒茶(例えばプーアル茶)がスーパーマーケットにおいてあります.黄茶と白茶は,お茶の専門店においてあることが多いのですが,びっくりするほど高価ですので,眺めるだけで購入したことはありません.すこし勉強してから,その内に,少量だけ買って帰りたいものだと思っております.

 最後に一言.これまでに買って帰った中国茶で,もっともコストパーフォマンスがよかったのは,三峡ダム近くのスーパーマーケットで購入した緑茶でした.100gで10~20元程度で十分な味,香りで感心した次第です.
2009-05-04 ソニーのトランジスターラジオ  昭和30年台にソニーのトランジスターラジオTR-63を父親が,大枚をはたいて購入したことを覚えております.私も小型の携帯ラジオを何台か購入しましたが,20年以上前に購入した,ICF-S18とICF-S30は健在で,ともに驚異的な電池寿命を誇っています.音質その他の性能においても,いわゆるスペックはそれ程でもないのですが十分な性能といえます.残念ながら,その後も何台か購入したのですがこの2台を越えるものは手にできませんでした.
2009-04-27 父親のこと  父は応召前に,帝国さく岩機製作所に勤めておりました.昭和16年7月18日工兵第3連隊補充隊(独立有線第70中隊)に応召入隊し,その後,朝鮮慶興,満州国吉林省九站(いずれも当時の地名)と移動.電信第16連隊第2中隊に編入された後に,釜山,ラバウルと移動して,昭和21年4月28日ラバウル出航,同5月12日名古屋港に着いたようです.復員後も,帝国さく岩機製作所で勤務を続けました.兵隊であったころは,ずっと有線通信を担当していたと聞いております.

 不思議なことに,私がさく岩機を専門の一つとし,愚息が広い意味での通信関係を専門としております.
閉じる
Date Title Contents
2009-04-20 小池重明氏  東京から東海道新幹線に乗っていくと,名古屋駅の手前に鉄橋がありますが,その左手が牧野町です.この地で,小池さんは昭和23年1月に生まれたと自叙伝に書いてあります(昭和22年12月と書いてある資料もあります).私の誕生日から約1ヵ月後です.また,常磐線で水戸から東京に帰ってくる途中に石岡がありますが,ここが小池さんの44才を一期とする終焉の地です.同学年の方のことはなんとなく気にかかるのですが,名古屋と石岡を通るときには,真剣師といわれた小池さんのことを思い浮かべることがあります.といいましても,面識があるわけではありません.たった一度,テレビ対局で,将棋を指されているのを見ただけです.この小池さんの経歴を見ていると,時々かなり長いブランクがあるのですが,それをものともしなかったところが不思議です.
2009-04-13 ふぐ  先日,名古屋のとある店にいきました.昔ながらの名古屋らしい店で満足して帰ってまいりました.店主の方と話している途中で,ふぐの話がでました.驚いたことに,愛知県で天然ふぐが結構とれるとのことでした.私が小学校のころですが,三河湾で入れ食いの状態でふぐをが釣ったことを覚えております.東京に帰ってから調べてところ,たしかに愛知県でのふぐの漁獲量は結構な量で,県別で上位10位以内に入っておりました.三河湾がある程度の豊かさを保っていることはうれしい限りです.
2009-04-06 Russian music  小学生のころから,時々音楽を聞く趣味がありましたが,このところ中断しておりました.しかし,最近になって,YouTubeで画像もみられるようになったので,また,再開しました.音楽は,一人が許容できる容量が限られており,20歳とかわりと若いころに一杯になってしまうといわれております.私もその一例でして,若いころに聞いた音楽でほぼ満杯といったところです.

 たまたまですが,"Russian music"で検索したところ相当数の音楽がひっかりました.素人の感想であまりあてになりませんが,歌にしろ,演奏にしろ基礎がしっかりしていると感じましたがいかがでしょうか.ロシアの一面をあたらしく発見したような気がしております.
2009-03-30 さく岩機  父がさく岩機メーカに勤めており,その工場が自宅から100m程度のところにあったので,ものごころが着いたころからさく岩機工場にときどきいっておりました.当時は,米国インガソルランドのさく岩機が国内でも多数稼動しており,それを参考にして開発を進めていたようです(もちろん後年に気づいたことですが).

 その関係で,佐久間ダムの建設現場に,父におぶわれて入ったことがあります.わたくし位の年で,佐久間ダムの建設現場のしかも作業トンネルの中にまで入った人はほとんどいないでしょう.名古屋から豊橋,豊橋から飯田線にのってトンネルに入ったところまでは,よく覚えております.しかし,帰りはすっかり寝込んでしまってまったく覚えておりません.

 私は50歳を越えてから佐久間ダムを訪れました.このことを母に伝えると,母も昔のことをよく覚えており,自作の一首を書いた色紙をくれました.母は一昨年なくなりましたが,色紙はとってあります.

 現在の職に着き,さく岩機も研究テーマの一つとして備えるようになろうとは夢にも思いませんでした.さく岩機は奥の深い機械で,熱力学,振動学,材料力学,流体力学の4力学が微妙なバランスで全てかかわりあっているように思われます.
2009-03-23 楊貴妃  昨年,中国西安にいってきました.黄河にかかっている橋,ダムの調査を終え若干の時間的余裕があったので,楊貴妃ゆかりの地にも足を運びました.

漢皇重色思傾國 御宇多年求不得
楊家有女初長成 養在深閨人未識
......
在天願作比翼鳥 在地願為連理枝
天長地久有時盡 此恨緜緜無絶期

 楊貴妃が入浴したという石造りのお風呂があり,その保存状態の良さにおどろきました.推測ですが,原石の切り出しから,加工,建造に至るまで,当時の一流の職人が携わったのではないかと思われました.
 中国はスペクトルの広い国で,あまり感心しないものもわが国に輸入されておりますが,トップクラスの実力をもつ職人もおり,歴史的にみても素質十分な人材が多数いる可能性が高いということを忘れてはならないと思います.
閉じる
Date Title Contents
2009-03-16 三本足の猫  我が家には3本足の猫がおります.10年以上前になりますが,産まれて間もない子猫が母猫に連れられてやってきました.それが最初の出会いでした.その後,1年ほど,ほぼ毎日顔を見せていたのですが,1週間ほど来ませんでした.

どうしたのかと思っていましたら,後ろ足に大怪我をおっていながら,我が家の庭まで這ってきました.家内が早速獣医さんにつれていき,一命をとりとめました.以来,我が家の飼い猫になったわけですが,片足でも十分な運動能力があることには驚いております.この猫は,病気もほとんどせず,現在でも元気に暮らしております.ただし,余程こわい思いをしたのか,相当に臆病です.
2009-03-09 カントリー・ロード  博士課程を出て一年後に,米国西バージニア州立大学で2年間ほど過ごしました.その際に面倒をみていただいたPeng先生はいまだにご活躍の様子でうれしい限りです.当時はやっており,現在も時々歌われるカントリー・ロードの一部です.

Country roads, take me home

To the place I belong

West Virginia, Mountain Mamma

Take me home, country road

 時々考えるのですが,高校まで名古屋で育ち,その後40年以上東京地区で過ごした私にとって”the place I belong”はどこだろうということです.私と同じように,自問自答を繰り返している方も結構多いと思いますがいかがでしょうか.
2009-03-02 対酒当歌 人生幾何  先週は,高知と熊本に行ってまいりました.思い浮かんだのは,

「対酒当歌 人生幾何」

かなり以前ですが,ある名誉教授の先生が来られた際に,黒板に漢詩を書かれて解説していかれましたが,この頃になって,なんとなくその気持ちがわかるようになってきました.

 今回は,二つの旅とも実り多いものと感じました.

「老驥伏櫪 志在千里
烈士暮年 壮心不已」

同じく曹操のこんな言葉を胸に,もうひとがんばりしますか.

大久保 誠介

2009-02-16 邱永漢氏  先日Jim Rogers氏のことを書いたのですが,もう少し年配な邱永漢氏について少し触れてみたいと思います.すでに80歳を越えておられるのですが,毎日欠かさず,”もしもしQさんQさんよ”に文章を発表されていることに対して,ただただ感心しております.2月24日に,

”本社だって必らずしも,日本国内におかなければならないわけはないのです。”

”少くとも日本人が日本にしがみついて離れない時代は,終ったと見てよいでしょうね。”

といっておられます.徐々にですが,この方向に向かうのではないかと思っておりますが,実際にそうなったら日本は大幅に変わるでしょう.大久保
2009-01-29 Jim Rogers  サブプライムローン等の問題点が明らかになって,このところ右往左往といった状況になっています.この中で,かなりの期間にわたって表題のJim Rigersさんの見方はぶれていないように感じます.興味のある方は,例えばですが,非公式ファンサイト (http://blog.jimrogers-fun.com/) をみられるとよいでしょう. 大久保 誠介
閉じる