掘削抵抗を利用した岩盤強度の推定に関するQ&A

  1.はじめに

      1−1 はじめに

      1−2 TBM工法の長所と欠点は何か

      1−3 なぜTBM工法で切羽の岩盤強度を求めるのか

      1−4 海外と日本とでTBM工法における違いはあるのか

      1−5 切羽前方予測手法とその現状はどのようになっているのか

      1−6 どのような応用があるのか

  2.基礎式と従来の研究  

     2−1 従来の室内試験結果をまとめるとどのようになるのか

     2−2 岩石の一軸圧縮強度ではなく,他の物性値を用いた方がよいのではないか

     2−3 TBMの推力とトルクはどのようになるのか

     2−4 1としているのはなぜか

     2−5 どのような式で岩盤強度を求めるのか

     2−6 岩盤強度とは何なのか.岩石の一軸圧縮強度との違いは何か

     2−7 推力とトルクから求めた岩盤強度の関係はどうなのか

     2−8 掘削抵抗の物理的背景は何なのか

     2−9 岩盤強度を求める式の定数はどのように決定するのか

     2−10 掘削体積比エネルギーとの関係はどうなのか  

3.測定における留意点  

     3−1 測定において問題点はあるのか

     3−2 推力の測定における問題点は何か

     3−3 トルクの測定における問題点は何か

     3−4 推力およびトルクの変動は大きいが,実際はどうなのか

     3−5 切り込み深さの測定はどのようにするのか

     3−6 距離程の測定はどのようにするのか

     3−7 測定データの信頼性の検証方法はあるのか

  4.設計・施工における留意点

    4−1 岩盤はどのように掘削されるのか

    4−2 カッタ間隔と切り込み深さはどのようになっているのか

    4−3 カッタヘッド回転速度を変化させる利点は何か

    4−4 カッタヘッド回転速度はどのように設定すればよいか

    4−5 カッタヘッド回転速度を可変とする理由は何か

    4−6 カッタ摩耗の影響はどうなのか

  5.推定した岩盤強度の応用

    5−1 シュミットハンマー試験と推定した岩盤強度との関係はどうなのか

    5−2 シュミットハンマーと岩盤強度では異方性の影響が現れるのではないのか

    5−3 花崗岩における岩盤分類に応用できるのか

    5−4 なぜ花崗岩では岩盤分類へ応用しやすいのか

    5−5 複数の岩種が混在する場合には,岩盤分類はどのようにすればよいのか

    5−6 切羽前方のゆるみ領域の推定に使えるのか

    5−7 地層境界を把握することは可能か

  6.今後の課題とまとめ

    6−1 式(1),(2)でnが定まっていないことをどのように考えているのか

    6−2 機械データの測定に関する今後の課題は何か

    6−3 本手法の岩盤分類への適用で,今後目指すものは何か

    6−4 岩盤分類に対する今後の考えはどうか

    6−5 連続データとして岩盤強度が得られる利点はあるのか

    6−6 最後の一言

 7.参考文献リスト