岩石の三軸圧縮試験用可視化ベッセルの開発と試用
1.はじめに

 現象の可視化は重要であり,試験中に試験片がどのように変化していくかを観察することは破壊機構の解明には欠かせない.土の三軸試験には種々の方法や装置があり(例えば松尾稔,1974),一概に述べることは困難だが,多くの場合1MPa以下の周圧でおこなわれる.そのため,三軸ベッセルの外筒は透明なプラスティックであることが多く,この場合には当然試験中に試験片が目視できる.岩石でも一軸圧縮試験では,試験片の観察は容易にできるが,比較的高い周圧下の三軸圧縮試験は金属製のベッセル中でおこなわれるので,試験片を直接目視することは困難である.

本稿では,最近信頼性の増したエンジニアリング・プラスティックを使用して,10MPa程度までの周圧で使用できる三軸試験用可視化ベッセルについて検討した結果について述べる.可視化ベッセルの概要,安全性の検討,測定方法をこの順に述べた後,2種類の岩石を用いて試用した結果について述べる.