トンネル変形の巨視的指標の提案
1.はじめに

山岳トンネルの工法として,いわゆるNATMが普及してから,内空変位,孔内変位,ボルト軸力など,トンネル周辺の地山の挙動を計測して,施工管理に利用することが普通になっている.しかし,高価な計測器と多くの労力を費やして得られた計測結果をどのように解析,評価して設計施工に有効に利用するかについては,なお検討の余地が多い.内空変位をはじめとする計測データを解析して地山評価や施工管理に役立てる方法としては,桜井の逆解析法がよく知られている1).また,トンネル周辺の岩盤が軟弱で内空変位や岩盤内変位が大きく,ロックボルトの増し打ちや支保の補修をおこなうことを余儀なくされるような岩盤条件がよくない地帯については,岩盤変位の時間効果も考慮して評価する近藤の2倍時変位法2)がある.

支保の設計や補修計画を合理的におこなうためには,単に測点間の変位の大きさだけではなく,その最大値や方向を知ることが重要である.そこで本報告では,内空変位や岩盤内変位を用いて簡単に計算できるトンネル変形の巨視的指標を提案するとともに,2箇所での計測結果を用いた計算例を示す.