SFRC(Steel Fiber Reinforced Concrete:鋼繊維補強コンクリート)とは


複合材料は、異なる材料を組み合わせて、それぞれの構成物質のもつ特性を1つの部材の中に取り込んで複数の物性をもたせたり、 あるいは組み合わせることによる相乗効果によって、新しい物性を発見させる材料である1)。 SFRCの素材はマトリックスのコンクリートと補強材の鋼繊維である。ここではマトリックスと鋼繊維の性状およびそれらがSFRCに及ぼす影響について述べ、 最後にSFRCの適用事例を簡単に紹介する。

1.コンクリート/モルタル

2.鋼繊維

 2.1 製造方法による分類

 2.2 鋼繊維の諸性質およびSFRCへの影響

 2.3 SFRCにおける鋼繊維の分散と配向

3.吹き付けSFRC

 3.1 吹き付けSFRCの概要

 3.2 吹き付けSFRCの施工法

 3.3 吹き付けSFRCの品質

4.SFRCの応用

参考文献

表1 代表的な鋼繊維の諸元
表2 吹き付けSFRC施工方式の特徴
表3 SFRCの主な用途と使用利点

図1〜5 | 図6 | 図7〜11

図1 SFRCの圧縮強度と水セメント比との関係
図2 SFRCの曲げ強度と鋼繊維混入率並びに水セメント比との関係
図3 SFRCのせん断強度と鋼繊維混入率並びに水セメント比との関係
図4 細骨材率と分散係数との関係
図5 細骨材率と曲げ強度との関係
図6 鋼繊維の製造方法
図7 アスペクト比とSFRCの曲げ強度
図8 SFRCの断面の要素分割による分散度の測定
図9 三次元的にランダム配向している鋼繊維の配向係数を求める概念図
図10 吹き付けSFRCのX線撮影結果(混入率1.5%)
(a) 吹き付け面と平行な方向からの撮影
(b) 吹き付け面と垂直な方向からの撮影
図11 SFRC吹き付け施工方式の概念図