SFRC(Steel Fiber Reinforced Concrete:鋼繊維補強コンクリート)の一軸引張特性


SFRCでは鋼繊維を混入させることによって、コンクリートのじん性を向上させている。この力学特性は、一軸引張応力下でのピーク強度以降の鋼繊維の引き抜き抵抗によるものである。よって、この特性を把握することは重要であるが、試験が難しいため、ほとんど研究成果の報告がない。当研究室では、長年、岩石の一軸引張特性を研究しており、その試験方法のノウハウを保有しているため、SFRCの一軸引張試験を行い、主にピーク強度以降の力学特性に関して研究した結果を、ここでは紹介する。


1.はじめに

2.供試体

 2.1 鋼繊維

 2.2 基本配合

 2.3 作製と養生

 2.4 跳ね返り率と洗い分析

 2.5 鋼繊維の分散と配向状況

3.実験装置と実験方法

4.強度・変形特性

5.破断面と鋼繊維の関係

6.残留強度と鋼繊維混入率の関係

7.まとめ

参考文献